INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています/※場合により、語る対象の「ネタバレ」も在ります。ご了承ください 

ジョシュ・バーネットの野望着々。人気本格化−そして日本サブカルチャーの海外浸透

聞き手:で、試合の話に入る前にお聞きしたいのは、選手紹介のVTRのことなんですよ。
ジュシュさんの声の吹き替えを神谷明さん(アニメ『北斗の拳』のケンシロウ役)がやってましたよね。


ジュシュ:あれはうれしかった!ボクはバックステージにいたからVTRは観れなかったんだけど、話はいろんな人から聞いたよ。7月1日はボクのオタクとしての夢が実現した記念すべき日だよね。
なにしろカミヤさんは日本でもイチバンの声優だから。ケンシロウだけでなく『ダンガイオー』のロール・クランとか、あと『うる星やつら』にも出てたよね?


聞き手:面堂終太郎ですね。


ジョシュ:そう。それに『キン肉マン』!じつは昨日、試合が終わったあとで、作者のゆでたまご先生に会ったんだよ。


聞き手:じゃあ、昨日はオタクの夢が二つかなったと(笑)。ゆでたまご先生とはどんな話をされたんですか?


ジョシュ:それが全然覚えてないんだよね、興奮しすぎちゃって(笑)。ゆでたまご先生とは試合の前日にも電話で話したし、バッファローマンのイラストをもらったこともあるんだけど、実際に会うのは初めてだったからね。だからホントにうれしくってさぁ。


聞き手:気持ちはわかります(笑)。


ジョシュ:あと、この前『銃夢』の木城ゆきと先生にメールを送ったら返事がきたんだよ!(興奮ぎみに)。いつかPRIDEを観に来てくれるといいんだけどね。それと、できたら『重機甲兵ゼノン』の神埼将臣先生にも会いたいなぁ。

kamipuro special 2006 SUMMER号より抜粋

同じ”少年は、幼いころからの夢をかなえた”というテーマでも、ミルコ・クロコップのように「内戦を生き抜いて、K-1で活躍して、国民の英雄になって、国会議員になる」というなら煽り映像になる。だが「原哲夫にあった、ゆでたまごに会った、木城ゆきからメールが届いた」だと、仮に佐藤大輔がいた所で煽り映像はつくれまいなァ(笑)


ところで、このkamipro別冊は首尾よく地元店にあった残り一冊を買えたが、文を写す手間を省くため、これは

http://news18.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1152286001/
から転載した。興味深いのはこれが格闘技板ではなく「芸能・音楽・スポーツ ニュース速報+@2ch掲示板」であること。
自分はこの板を見ていなかったけど、今まで何度かジョシュがテーマのスレッドはできていたようだ。ただ、やっぱり今回はペースが速いらしく、ほぼ1日で700もレスありだ。
すごくね?


便乗で紹介。
ジョシュ・バーネット来日をめぐる顛末」
http://www20.tok2.com/home/gryphon/JAPANESE/UG/joshUG.htm


ゆかいまんが「がんばれ!バアネットくん」
http://www20.tok2.com/home/gryphon/JAPANESE/UG/Joshmanga.htm


セラチェン春山氏の書いた記事

 http://www.slcn.jp/josh.html


話を戻す。、上のスレッドを見てみると、やはり初心者向けという面もあるというか、ジョシュがどんな経歴でどんな個性の持ち主なのかを一から質問したり、それに説明するやり取りが多い。(つまり新ファンを獲得しているということで、すばらしい話だ)。そして、やはりというか何というか、ある意味格闘技の強さ以上に日本通ぶりが驚かれ、親しみを持たれているようだ。
やっぱりそういうもので、本質的な話と別だといわれればそうなのだが、自分の国のサブカルだろうと自然だろうと小説だろうと料理だろうと、・・・何でも、「好きだ」と表明して、嫌われるってことはほとんど無いんじゃないだろうか。


くしくも、こういう本が出ている。
http://d.hatena.ne.jp/TomoMachi/20060707

オイラの舎弟、パトリック・マシアスに三年かけて書かせたアメリカのオタク・ルポがやっと8月上旬に一冊の本として発売されます。

その名も『オタクinUSA 愛と誤解のAnime輸入史』!



バカげたことに全300ページの超大作になってしまいました!



ゴジラ初公開から最近のやおいブームまで、

日本のオタク文化アメリカにいかにして輸入したかを、一人のアメリカ人オタクとして体験的に書いたものです。

内容はこんな感じ

★「ゴジラフランケンシュタイン」を作ろうとした男サパスタインとは誰か?

★「ウルトラセブン」は英語版ではコメディに吹き替えられた!

★「スペクトルマン」がアメリカ人に公害問題を教えた!

★「ガッチャマン」は銀河の各惑星を旅する宇宙パトロールに改造された!

★「宇宙戦艦ヤマト」のワープの森雪のヌードを手に入れるのがアメリカ人の夢だった!

★ アメリカでは勇者ライディーンとコンバトラーVとダンガードAは同じ話の主人公!


個人的には、この本を読んで質を評価するとか以前に、やはりこのマシアス氏に「日本のものをこれだけ愛好してくれてありがとう」という気持ちが先にたつものな。


また、町山氏はたぶん苦い思いで見ていただろうが、例の小泉首相プレスリー卒業旅行の評価も私はそういう部分をふくめそれなりの評価をしている。

逆に言うとだ。
小泉純一郎は昔、「私はキムチが嫌いだ」と発言したことがあり、首相就任直後から(笑)、韓国では広く報じられた。「単なる食べ物の好みを言っただけだ、他意は無い」といいたいのかもしれないが、これで韓国民が好意を持ったはずも無い(笑)。その後の両国の経緯はこれも関係していたのか、どうか。

日本だって、フランスの大統領候補サルコジが、その地位を狙っているシラク大統領の日本びいきにあてつけて「相撲は嫌い」といった時、そりゃ好みだろうが決して印象がよくはならなかった。



さて、最後に出版界か格闘界か、どこかにいるだれかに対してのお願いだ。
この町山智浩パトリック・マシアスと、ジョシュ・バーネットを、仕事でもプライベートでもいいから、どこかで接点を作ってください。その”化学反応”が面白そうだ。町山氏も夢枕獏が主催する「秘密の格闘技ビデオ鑑賞会」のメンバーの一人で、格闘技への造詣は勿論深い。