INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています/※場合により、語る対象の「ネタバレ」も在ります。ご了承ください 

「ヴィンランド・サガ」が週刊少年マガジン撤退、アフタヌーンへ

毎週描くのはやっぱり無理だと考えて自分から希望したそうだ。
北欧諸国、ヴァイキングの歴史をはっきりモデルにしつつも一応は架空の世界で、少年の成長を描くという趣向のこの作品、少年マガジンを質的に一段上に引き上げるためには必要だった作品なのだが、読者から見ても苦しそうだったもんね。
ハンター×ハンターみたいなやり方もあったろうか。ねえよ。


時々思うんだが、やっぱり漫画という、ああいうめんどくさいものを7日に一回毎度毎度かき上げると言うのはそもそも人間の限界を超えているんじゃないか?と。
地下の照明だけで自由に人間を生活させると、25時間のサイクルになると聞くが、漫画もヴィンランド・サガぐらいの密度だと10日にいっぺんぐらいじゃないと無理ではないかしら。

ただ、地上波とCSのように「少年マガジン」と「アフタヌーン」ではマスに訴える力は二桁どころか三桁は違うはず。この作品が、移籍で一般的な評価を落とさないことを祈る。
そういえば「もう、しませんから。」のレポートを見ると、ここの担当編集者は大変な熱血漢で一生懸命この作品をサポートしていたが、彼もいっしょに動くことになるのだろうか?