INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています 

池内恵(8/1朝日新聞)

「時流自論」というコーナーに1973年生まれの若き俊英として、イスラム現代思想への独自のアプローチ法を確立した池内恵さんが登場。
題が「「差異への権利」のジレンマ」。ね、おもしろそうでしょ。

・・・事件直後から「差別と貧困がテロの原因だ」という解説が「識者」によって盛んになされたのには驚いた。そもそもイギリスのエスニックマイノリティに対する政策を最も先進的なものとして解説し、イギリスを基準にしてフランスやドイツの政策を低く評価し、日本の後進性を批判してきたのではなかったか。それがテロが起きると一転して「差別と貧困が原因だった」という話になってしまうのなら、学問や論説の一貫性とはどこにあるのだろうか・・・

まだ若いのに(若いから?)論争的な姿勢を強く打ち出している。kの人の研究の学問的、政策提言的な充実とはまた別に、スケールの小さい興味だが、論壇村の若い衆としての暴れぶりも、純粋に興味深く追っていきたい。


あと、引用部分はあくまでマクラで、本論のほうこそ根本的な問題に正面から切り込んだ議論ですよ。ぜひ一読を。


むかし池内恵に関して書いたエントリ
http://d.hatena.ne.jp/gryphon/20040507#p1