INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています 

「連ちゃんパパ」の衝撃再び…「そのモデルだった」というあだち勉(あだち充氏の兄)描く作品

まず、あの衝撃を思い出してほしい。

m-dojo.hatenadiary.com


そして、これが話題になった時、すでにモデルはこの人、とはっきし名指しされていた。

……当時の漫画雑誌は、柱(ページ左右端の、コマが描かれていない余白の部分)に作家さんの住所が書いてあったんですよ。

――今ではちょっと考えられないですよね。

ありま すでに亡くなっていますが、その当時あだち勉さんっていう漫画家がいて、その人が僕が描きたい絵柄で住所も近かったんです。それで仕事の合間に描いた原稿を送りつけていたら、「遊びに来れば?」って言われて、真に受けて訪ねて行ったんです。16くらいの時です。で、このあだち勉さんっていうのは、あだち充さんのお兄さんなんですよ。
(略)
ありま とにかく勉さんはめちゃくちゃな人で。『連ちゃんパパ』について「これ、作者の体験談なんじゃないか」っていう書き込みもありましたけど、正直、進のモデルは勉さんなんです(笑)。
nlab.itmedia.co.jp

・・・てな話から、「じゃあ連ちゃんパパのモデル・あだち勉さんとの交流を漫画にしてください」というオファーがくるのは、必然なようでもあり、おかしいことであるようでもあり。

でも、理屈はともかく、とにかく始まっていたんだ、そういう連載が。サンデーうぇぶりで昨年から。
www.sunday-webry.com

ブクマもこんなについていたのだが、なぜか自分は知らず、きのう始めて存在を知った。
b.hatena.ne.jp


サンデーうぇぶりはある時期からリニューアルされて、以前はブラウザで全部見られたのに、いまは一部だけが見られて、メインはアプリをインストールしてないとみられない。
1-3話まで、ブラウザでも読める回。その続きはアプリで。そして10回目が、ブラウザのほうに最近アップされた
www.sunday-webry.com
www.sunday-webry.com
www.sunday-webry.com

第10話
www.sunday-webry.com


これを紹介すればとりあえずいいんだけど、あとで感想を追加します

つづく

総会屋テーマの「東京BJ」、音楽業界描く「流行歌」など、柳沢きみお作品が電書セール

※価格はいずれも2021年6月14日現在

東京BJ (全6巻)
Kindle
第1巻の内容紹介: 裏社会に生きる、単なるワルじゃない。極限のダンディズムに生きる男たちの咆哮!不正、談合、背任横領などBJ(ブラックジャーナリスト)に嗅ぎつけられる裏取引き。それは、身の破滅を意味することに他ならない。だが、裏社会に生息する彼らの中に、ハイエナ的な欲望を満足させるだけでなく、忘れかけていた男のロマンに命を賭ける、そんな熱い熱い男たちもいた──!!現代社会の裏面に暗躍する、BJたちの生態を、柳沢きみおが暴く!

すごい安売りの巻と、ちょっとお高めの巻があり、併せると1巻130円程度かな。



歌は世につれ、世は歌につれ――どんな時代にも歌はある……。
大手レコード会社の副社長の郡司。彼は社長に見出され婿養子になり、誰からも将来は明るいように見えた。
そんな彼の心の中は・・・

「鎧武者は、鎧を前提とした技の体系がある」ということ(逃げ上手の若君)

(略)…戦闘力の高いこの2人が首領と対戦するのですが、そこで待っていたのは

鎧甲冑が当時いかに凄まじい防具であったか

を現代人にも教えてくれる親切仕様。ここ、実は私も以前に「師」から教わっていた部分だったので、そのドンピシャぶりに驚いています。そう、当時においては鎧甲冑は圧倒的な防御力だったのですよ。刀で切りかかっても、わざわざ刀で受け止めなくても、鎧で受け止めてしまえばいい。そのために、刀を防禦に使う必要がないから、全振りで攻撃できるという圧倒的利点。

首領「おや、ボク達。全身を固めた鎧武者と戦うのは初めてかな?」

そこらの武士よりも隔絶した技量を持った剣士の2人がかりで戦ってもその圧倒的な壁にはじき返されてしまいます。ここからは解説に圧倒されてしまいます。鎧武者の剣術とは現代の常識とは違う・・・

面は兜、銅は鎧、小手は籠手というそれぞれ鎧甲冑の部位でそのまま受け止められてしまう。注意しなければならないのは脇などの鎧に覆われていない隙間の部位だけであり、それ以外は避けない前提。そのために、仮に鎧武者同士が刀で戦えば、6・7割ほどは決着がつかないと言われるのです。これあればこそ、逆に弓矢などの飛び道具が重視されたということを実証したと言えるでしょう。そう

刀同士の戦いなんてあんまり意味はないほど鎧が強いのです。

だから現代の大河ドラマや時代劇でよくあるチャンバラ劇なんて現代人らしい、同時代の戦いを無視した描写と…
ameblo.jp


ついつい世の中は、講談調に「兜もろとも唐竹割りの一刀両断」みたいなイメージで考えるが、やはり鎧や兜は切れない。当たり前だ。
よろいはこう言っていた。「キレてないですよ。俺を斬れさしたら大したもんですよ」と。


そして、ここが重要だが、鎧を着ていれば斬られないのなら、それを前提とした技術体系が生まれる、ということだ。
よろいで防げるところに来た斬撃を、着ていない技術体系ならかわすための修練や技術体系、それへの反撃の技が磨かれる。
しかし、守れるのなら、その一撃はよろいで受けて、その上で反撃すればいい。
そのとき、技術体系が全く変わってくる、という。


それは松原隆一郎氏が、ゴン格最新号で大道塾東孝氏を追悼した記事にある、こんな経緯にも似ている。

それまでの世代が遠い間合いで闘っていた極真に置いて、ウエイトトレーニングで筋力を鍛え上げ、顔を近づけてボディとローキックを打ち合う「極真スタイル」を先取り…
…顔面打撃禁止であることに身も蓋もなく適応した戦法を編み出したのである。


それはどちらがいい悪いではないが、だいぶ変わっていることには間違い無いであろう。

ちなみに、今週の回ではその、相手役の「鎧着用を前提とした戦法」の前に主人公側の剣士はなすすべがないが、次週では「若君」本人とその相手が対戦予定な感じ。
さてどうなるでしょうかね。



こんな情報が寄せられました

「どれが一番『引用する作品全体の意味を理解している』か? チキチキ選手権」

「風刺は引用する作品全体の意味を理解したうえでこそ力をもつ」
今村正樹(談)
風刺漫画のあり方について | 偕成社 | 児童書出版社

風刺漫画のあり方について | 偕成社 | 児童書出版社

身内の反応としてはそうだな、という上で…『風刺は引用する作品全体の意味を理解したうえでこそ力をもつ』てなことは全く無い。例えば音や字面の一致だけでも全然いいんだ。いしいひさいち「B型平次」見なさい

2021/06/09 12:21
b.hatena.ne.jp





f:id:gryphon:20210610025957j:plain
山藤章二「ブラックアングル」武者小路実篤逝去時のロッキードパロディ


f:id:gryphon:20210610030342j:plain
B型平次捕物帳・いしいひさいち


f:id:gryphon:20190930015028j:plain
3年B組一八先生男塾

m-dojo.hatenadiary.com



m-dojo.hatenadiary.com





f:id:gryphon:20200425100158j:plain
唐沢なをきが、花輪和一刑務所の中」でガンダムパロした「独房の中」
m-dojo.hatenadiary.com




ちな

本日『漫勉』で安彦良和。この機にいしかわじゅんとの「動きが描けない」論争を振り返ろう…

NHKだから、おそらくNHKプラスでの無料配信もあるだろう。



もうさっそく、過去記事のアレにぽつぽつ来訪者が増えてるんで、隠さず自分から攻勢に出ます(笑)

m-dojo.hatenadiary.com

明治時代を舞台にした伝記ロマン「王道の狗」は連載誌の版元である講談社版のあと、白泉社から発行された版があり、そちらは後半部に100枚以上の増補が付け加えられたほか、4巻巻末に作者のあとがき(エッセイ)がついている。
その、4巻収録のあとがきが、ちょっと剣呑でして。
なにが剣呑かというと、「BSマンガ夜話」での自作(虹色のトロツキー)が取り上げられた際…

(中略)

・・・・

『虹色…』は先日、NHKの某批評番組で「批評家」いしかわじゅん氏の酷評をかった。
「批評」などというのは所詮、欠席裁判のようなものだ…
(略)
いしかわ氏は突然こうおっしゃった。
「俺は、興味ないんだよ」(略)
「何が言いたいのか判らない。川島芳子李香蘭が描けていない。古い世代に属する安彦良和には、大友克洋以降の描き手達のようなリアルが描けず、動きも描けない。従ってその表現は、単なる記号論でしかない」云々云々……
(略)
上記のいしかわ氏の『批評』は的外れを超えている。いわば言いがかりに近いものといっていい。漫画であれ何であれ、作品という物は作り手にとってわが子(中略)…

…氏は御存知ないかもしれないが、僕の前職はアニメーターである。職の病というものは恐ろしいもので、他人には些細に見えるらしい漫画画面での動きの継続性が、僕はいつも気になって仕方がない。それは漫画家としての長所ではなく、むしろ野暮な短所ではないかと疑っているくらいだったから、公共の電波で(この言い方は嫌いだが今はあえてする)「(安彦良和は)動きが描けないのだろうナ」と言ってのけられた時に、僕は他のどんな難クセに対してよりも強く怒りを覚えた。大人げないのだが、いしかわ氏の前で指パラのアニメを描いて見せてやりたい気になった(どうですかいしかわさん、見たいですか?見せてあげましょうか?)

だが、いしかわじゅん氏のほうにも言い分がある。
というか、「一般的な絵の巧さ」と「漫画としての絵の巧さ」の差異に関しては、いしかわ氏は一家言も二家言もある

それは氏の評論本「漫画の時間」の冒頭でも、ページを割いて語られている…

漫画のうまい漫画家と、絵のうまい漫画家はとは、別のものだ。
ちょっと、わかりにくいかもしれない。
池上遼一という漫画家がいる。とてつもなく絵のうまい漫画家だ。デビューの頃から、その絵には定評があったが、ここ十年ぐらいで、それは完璧に完成してしまった。(略)
池上の技法をベースに、アジアの漫画の一部は成立したといっても過言ではあるまい。
しかし、池上は、あくまでも僕の個人的意見だが、漫画は決してうまくはないと思う。
(略)
ごく大ざっぱないいかたをしてしまえば、<動き>というのはある点から次の点への移動だ。あるいは、ある時間からある時間までの経過だ。それをどう描くかが、漫画家の腕の見せどころなのだ。

その後、逆に「動きのある絵」の例としてやはり大友克洋を挙げ、池上氏の絵と比較して考察している。

せっかくだから今回は、この反論文の一部を画像的に紹介しようか(ほんとにあるんだよ、という証拠も兼ねて)

f:id:gryphon:20210609053017j:plain
安彦良和氏が「王道の狗」白泉社版あとがきでかいた、いしかわじゅん批判


そして7年ぶりに紹介するにあたって、いしかわ氏との論争後に続いている「本題のあとがき」も紹介しよう。ぶっちゃけ、前回も「こっちのほうが大切な内容なんだけれどな」と思いながら、対いしかわ論争をピックアップしてしまってた(笑)

近代日本が道を誤った分岐点はどこか?安彦氏と親交もあった故松本健一氏が「対華21か条の要求」を挙げたのに対し、安彦氏は異論として「日清戦争だ」との意見を持っていて、それを漫画として描いたのが「王道の狗」だと言える訳。

f:id:gryphon:20210609053547j:plain
安彦良和氏が「王道の狗」白泉社版あとがきでかいた、「近代日本の過ちの分岐点は日清戦争」論

余談 それはそれとして、作品の結末がグダグダでは?という感想も持つ訳ですが…

氏の同じアフタヌーン連載の前作「天の血脈」のことっす。
m-dojo.hatenadiary.com

梶原一騎最後の傑作「男の星座」1冊132円でセール中!(購入必須)

昭和29年12月22日、力道山木村政彦による伝説の“プロレス巌流島の決闘”を観るため、およそ1万5千の大観衆が蔵前国技館につめかけていた――。これは、劇画原作者・梶原一騎の遺作である。そして、「巨人の星」「あしたのジョー」「タイガーマスク」「空手バカ一代」をはじめとする代表作の母胎ともよぶべき自伝的コミックである。力道山大山倍達アントニオ猪木など様々な男たちが登場し、プロレス界、芸能界の知られざるエピソードが明かされる。これぞ、引退作にして絶筆の一騎人生劇場!

関川夏央の推薦文(「知識的大衆諸君、これもマンガだ」より)

…5年間を語るのに梶原一騎は1800ページを要している。 彼の生涯はまだ27年分残っている。全部書き尽くすと言っていたから、多ければあと1万ページ、少なくとも5000ページ分は必要だったろう。5000ページなら一週分20ページとして(週刊漫画ゴラクに死の直前まで連載されていた)250回分すなわちまだ5年は続けるこころづもりだった。引退記念と言いつつなかなか引退しないのである。
しかし、この面白さは何だろう。 奇怪な魅力と言ってもいい。1巻を読み終えれば次巻におのずと手が伸び、ついに中断の第9巻に達して、それより先の無いのを惜しむのである。
(略)

梶原一騎は、漫画だけに許された主題と方法を守って漫画のために行き東店1987年1月21日、五十歳を一期として卒然、世を去った。いくらその物語が面白くても彼は独立峰であり 、受け継ぐ人はいない。梶原の前に多くの梶原があって、梶原の後に1人の梶原もいない…

f:id:gryphon:20210607124116j:plain
梶原一騎の遺作「男の星座」電子本でも発売中
f:id:gryphon:20210607124207j:plain
梶原一騎の遺作「男の星座」電子本でも発売中
<>
f:id:gryphon:20210607124224j:plain
梶原一騎の遺作「男の星座」電子本でも発売中
<>
f:id:gryphon:20210607124245j:plain
梶原一騎の遺作「男の星座」電子本でも発売中
f:id:gryphon:20210607124312j:plain
梶原一騎の遺作「男の星座」電子本でも発売中
<>
f:id:gryphon:20210607124331j:plain
梶原一騎の遺作「男の星座」電子本でも発売中
<>
f:id:gryphon:20210607124350j:plain
梶原一騎の遺作「男の星座」電子本でも発売中


1-2巻だけでも多士済々。プロレスラー、柔道家、空手家、その師その弟子、父親や街の浮浪者まで・・・・・その彼ら、星と星を結んで描くのが「男の星座」。

不幸なことに9巻で作者は逝去し絶筆となったが、
その結果としてコンパクトに読めることにもなった。

持っている人も、この機会にAmazonキンドルの片隅に資料として置いておくのもいい。


また、このブログ的には近いうちに行う、「ある企画」とも連動すると思うので、ぜひ一読を_________

一冊ごと

「魔太郎がくる‼」は人気作だったが、ファン反響が深刻過ぎて、藤子不二雄A自ら連載を打ち切った

この話、読売新聞の長期連載インタビュー(のちに本にもなった)でも語っていたけど、別の本にも記載があったのでメモしておきます。

……(※魔太郎がくる!連載の)当時、「いじめ」は、まだ社会問題として取りあげられていなかった。 けれど素雄はむかし小学校で、いじめられて、さんざんいやな目にあった。 そんないじめられる子どもの気持ちに寄り添ってまんがを描いてみよう――こうして一九七二(昭和四十七年)、「週刊少年チャンピオン」で「魔太郎がくる!!」の連載をはじめた。
主人公の魔太郎はふだんは弱々しく、卑屈な中学一年生。
転校してきた日から、番長一味に さんざんいじめられる。いっさい抵抗しないでなぐられ続けた彼が、その夜とった不気味な行動はーーーー。
じつは魔界の住人である魔太郎は、学校内のワルどもをつぎつぎに葬っていく。 連載直後から大反響を呼んだ。魔太郎の「このうらみ、はらさでおくべきか~!」というき めゼリフも流行した。じつはこれ、そのむかし、藤本に引っぱっていかれた「化け猫映画」のなかでのセリフだったのだ。 しかし、全国各地から届いたファンレターを読んでおどろいた。
みんな、現実に自分がいじめられていることを切実に訴えているのだ。
素雄の経験したものとはまったく性質の異なる「いじめ」が、じわじわと日本じゅうに広がっていることを、このとき知った。 そして三年後、素雄は自分から申し出て、この連載を打ちきる。 ファンレターから知らされる現実の「いじめ」は、どんどんエスカレートしていて、とても これ以上続ける 気になれなかったのだ。この作品について素雄がアニメ化を断り続けているのは、そんな思いが根っこにあるからだ。

f:id:gryphon:20210606024642j:plain
魔太郎がくる!の深刻な反響 藤子不二雄A連載打ち切る


2002年に出た、この本より

ちなみにこのあと、プロゴルファー猿創作秘話が書かれている。これはこれで、そもそも「ゴルフ」を『少年マンガ』で描くというところが型破りで、当然編集部は「ゴルフはお父さんがやるスポーツでしょ?」と躊躇しまくったという。そりゃそうだね。しかし、そこでちょっとA先生は戦略を練り……


冒頭に書いた、読売新聞の本というのはこれ

藤本弘氏とのコンビで共同ペンネーム「藤子不二雄」で漫画家デビューを果たして以来、歩み続けた漫画家人生六十余年! その寄り道回り道、波瀾万丈の「まんが道」をユーモアたっぷりに綴る。

ああ、はてなのAIが教えてくれたよ、その「魔太郎」話、過去にここで紹介したんだった。

m-dojo.hatenadiary.com





こういう話は当然「藤子不二雄ファンはここにいる」ブログの管理者さんなどはもっと詳しく知っているだろう。
koikesan.hatenablog.com

同ブログ内を「魔太郎」で検索するとこんな感じになる
koikesan.hatenablog.com