INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています/※場合により、語る対象の「ネタバレ」も在ります。ご了承ください 

朝倉未来vs牛久旬太郎、平本蓮vs斎藤裕

けっこう、みな予想はまちまちだけど、個人的には牛久と斎藤の勝利を予想するし、応援している。


…といいつつ、先に朝倉未来を称賛するんだけど(笑)…そもそも昨年大晦日か、朝倉未来vs牛久旬太郎が発表された時には「これで朝倉未来がおいしくない相手からは逃げている(田村潔司化)、とか、カネを稼いだから格闘技への情熱はなくなった、とかいう風評は完全に払拭されたな!」と感心するばかりだった。


牛久旬太郎はそれほどまでに「おいしくない相手」だと評価してるっす(その評価は、「実力ほど人気やファンの興味が伴ってない」という失礼な話だが…)


で、朝倉有利を唱える人間は、とにかく一発の破壊力、とくにカウンターの打撃ということを重視する。
そりゃ一発で終われば、そこでおしまいである(循環論法)。そういう光景も確かに十分に想像し得る。

牛久有利説は、スタミナや寝技の攻防を見ている。ただ牛久の寝技がどんな感じかって、その部分は案外未知数ではある。クレベルに負けるのは、それは仕方ないが、斎藤裕との2戦はなんだかんだと打撃勝負だったし……

まあ、ハラハラ祈るような勝負でしょうね。


斎藤裕vs平本蓮は、斎藤のダダダダッとドライブするタックルを止められるの?に尽きる。
ドミネーター勝利は確かに波乱だけど、ドミネーターはパワフルに押し込んで無理やりテイクダウンする的なタックルじゃないでしょう?
それを空手風の待ちで迎撃する、というのはピッタリハマっただけじゃない?という思いを払拭できてないんですね。
階級下の太田忍や倉本一真だって、平本をテイクダウンできるんじゃないか、と思っているので。


こちらはかなり強めに斎藤有利を予想。
さて、どんな試合になりますかね。今回はひさびさにリアルタイム鑑賞もできそう。