INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています/※場合により、語る対象の「ネタバレ」も在ります。ご了承ください 

「帯ギュ」「とめはねっ!」の河合克敏先生のご近況はいかがだろうか?【漫画小ネタ集】

m-dojo.hatenadiary.com
の話を書いていた流れで、ふと考えたこと。


ほとんどの、さっき俺が言った小学館の「ナインティーズ・マフィア」や、それより一世代ほど前(80年代後半に活躍)の少年サンデー軍団は、ある意味凄い話だけどだいたい、今でも活躍ぶり・活動は可視化されている。どこかに連載持ってる人がほとんど(すげぇよな、マジで…)。



で、河合克敏先生は「とめはねっ!」を覚えてる人も多いだろう。
これが、2015年16号まで隔週連載。

その後、変わったところで、ネット連載のショートギャグ「うどんちゃん」が2020年まで(らしい)。
bigcomicbros.net
2019 年にコミックスにもなった。


2016年、自転車をテーマの読みきり。


2017年、その時放送されていた「おんな城主直虎」(舞台が先生の地元だった)に関する、エッセイ漫画的な読切も。

河合克敏の出身地が、井伊直正ゆかりの地。「おんな城主直虎」関連の読切


そして、パラリンピック応援の、視覚障碍者柔道を描いたアニパラのキャラデザなどをしたのは…あっ、これは2019年か。
www.nhk.or.jp

いま、時系列が重要なので……これはうどんちゃん連載終了前、となるな。


そして2020年の、「To-yトリビュート本」にも寄稿がある。

こういう本は、まずどこかで記念の原画展イベントとかを開催し、そこに飾られた原稿・寄稿が本になる、というパターンも多く、これもそうだったと思われる。
 ↓


そして、いろいろ検索した結果、2021年のプラモデル雑誌?にインタビュー記事が掲載されている、らしい。



…そして、2022年の活動情報が、こちらでは正直見つからなかった。いや、業界通でも関係者でもない俺が、ちょっと検索して見つからないなんていっても、普通に活動してましたよ、という話も十分にありえるが!!!
さらにいえば、経済状態を外野が邪推する必要もないが、アニメ化もドラマ化もされた作品があり、愛蔵版や文庫版も出ているのだ。
ちょっと連載に一区切りをつけたあと、のんびり1年、2年をゆったりすごしても、全然おかしくない。
さらにいえば、氏は綿密な取材に裏打ちされた作品が多いから、いま現在は次回作への取材中!!かもしれない。




…ただ、ほんのちょっとだけ気になるのは…2016年の読切自転車漫画って、冒頭に、ギャグ的な軽い描写だけれども「健康診断の数値が悪かった」「メタボ一歩手前」みたいな事を描いているのだ。だから自転車をはじめましたよ、という流れ。


ちょっとのんびりしてるだけかもしれない、あるいはどこかで活躍(秘密裡に取材??)しているのをこちらが見逃してるだけかもしれないのに、外野でさわぐのもまぁはた迷惑かもだが、それでもこの1、2年の、河合克敏氏の活動…息災なりや、をご存じの方がいましたら教えてくださいませ。


ブクマで2022年の氏の活動情報が寄せられました。

「帯ギュ」「とめはねっ!」の河合克敏先生のご近況はいかがだろうか?【漫画小ネタ集】 - INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

<a href="https://www.chunichi.co.jp/tokai_pages/h_event/charitytop" target="_blank" rel="noopener nofollow">https://www.chunichi.co.jp/tokai_pages/h_event/charitytop</a> ここの出品者名簿に名前がありますね。昨年末のチャリティー色紙展。

2023/01/26 09:25
b.hatena.ne.jp