INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています/※場合により、語る対象の「ネタバレ」も在ります。ご了承ください 

ワクチン「すべて自己責任の上で、問診を省略」すれば接種は効率化する?されど…

知ってる人の家に、高齢者用ワクチン接種の書類が郵送されてきましてね。
見せてもらいました。
で、まあ、ざっくり見る限りでは既往症があるかないかとかへちまとか、そんな結構些事のような項目が多い。

で、そういうの自分が一番知ってるはず(当たり前だわな)
で、今回極めてまれな非常事態で、多数の接種を行ったほうがいいという前提で考えた場合。
「特別に、注意すべき項目があると思う人は問診表を提出する」「特別に問題がないと自覚する人(ある意味、そちらが多数派であろう)は、自己責任の上で問診の提出を省略できる」としたら、効率は早まるんじゃないだろうか。

当然、そのぶんリスクは上昇する。

そのリスクを許容すべきかどうか、であろう。

アメリカでは出羽出羽、問診表の省略はフツーにあるみたいですよ。



ちなみに、そんな問題とは別に…問診をネットで行うようなことはなく、みな紙に書いて提出しなきゃいけないっぽいですね…。ウェブであらかじめ回答する、とかの選択肢はあるのか、ないのか?
これもアメリカではウェブ問診はあるらしく。


また、その問診表に医師がサインする、みたいな効率性も問題になるとか。ハンコにできるか、できないかとか