INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています 

みなもと太郎「風雲児たち」2号連続の休載らしいが… 単行本は新刊発売

またも、「過去記事へのアクセスが増えたおかげでいま現在のニュースを知った」パターンなのだが…


これが、当ブログでアクセスが増えた過去記事ね。半分ほど抜粋再録

m-dojo.hatenadiary.com


きのう見て、うわあとなったのだが…
編集部の説明では、それほど大きな体調問題ではないのだという。それを信じよう。
8月の単行本発売に向けての作業はしているそうだし。

f:id:gryphon:20200728111905j:plain
みなもと太郎風雲児たち」を体調不良で休載(2020年7月)

ただし、春ごろから体調を崩している、との心配な記述もある。
なにしろ、氏は1947年(昭和22年)生まれ。
慎重に慎重に、大胆に大胆に、そして急いでじっくり描いてほしい。(どうすんだよ)

繰り返しますが、上の記事は7月の休載お知らせ記事です。


そして、最新号も休載と…





新刊は34巻

ここではいろんな直し作業もあったろうから、そういう点では活動はされている様子

風雲児たち 幕末編 34巻

風雲児たち 幕末編 34巻

三谷幸喜脚本で歌舞伎化(2019年)&ドラマ化(2018年)!!
連載40周年突破、今なお熱狂的なファンを増やし続ける前人未到の「歴史大河ギャグ」

時は文久二年。朝廷側の一方的な要求に抗えなくなった幕府は、それまでの開国路線から一転、鎖国攘夷の断行を宣言する。幕府の権威が失墜していく様を冷ややかに眺めていた徳川慶喜は、失政の原因を井伊直弼による安政の大獄に見出し、ある決意を固める。一方、坂本竜馬幕臣勝海舟の再会は、血なまぐささと混乱が深まる時局にあって一筋の光に思われたが、彼らのあずかり知らぬところで高杉晋作が列強を挑発する過激な手段に打って出て……