INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています 

【定期再放送】月末か月初めにオンライン連載漫画をチェックする習慣をつけよう(サイト編)

月末だか月初めに、区切りとして自分の読んでいるオンライン連載漫画、読み逃しが無いかチェックする習慣を付けよう!!
と呼びかけるキャンペーンです。
21世紀も20年代、ネット連載漫画を自然に定期巡回購読する習慣を身につけなきゃナウくないぜ。
(いや、逆に個人的に、こういうふうに習慣づけないと読み逃しまくるからなんだけど)


ただ、これまでは作品ごとにリンクを張っていたけど、これはある種自分の個人的な好みをおしつけるようなことになっていた。
m-dojo.hatenadiary.com


今回から方針を変えて、ネット漫画の「掲載サイト」を知ってる範囲で紹介します。何が自分の好みのマンガかは、そこから自分で選んでみて。

shonenjumpplus.com


www.sunday-webry.com



kuragebunch.com


matogrosso.jp


comic-days.com


bookwalker.jp


www.comico.jp


piccoma.com


sai-zen-sen.jp


global.toomics.com



viewer.heros-web.com



to-ti.in



ほかにありますかね?いや、あるに決まってるんだろうけど、ゆるゆると自分も勉強して、追加していきたい。
ほかにブラウザでは見られなかったり有料だけど、携帯アプリでは見られる、という形式のものもありますわな。サンデーのマンガワン白泉社の漫画PARKだ
manga-one.com

manga-park.com



いま、「マンガパーク」を名称間違いとタイプミスで「コミックアーク」と打って検索したら、知らないの出てくるし!!!

www.comic-earthstar.jp




まあ、ことほどさように、今や無料コミックサイトはたくさんたくさん。 どこかで期日を決めて巡回しないと、読んで面白かったマンガもいつしか読み逃す、という意味がわかるでしょ。

ときに、私らの世代では疑いの余地なく大手出版社の週刊誌に載っている作品が「メジャー」だけど、スマホネイティブ世代にとっては、こういうふうにスマホケータイから無料で読める作品が「メジャー」であり、紙の雑誌に載っている作品こそが「マイナー」になりつつある、とも聞く……。

韓国発のウェブトーンが、世界的には漫画の「標準」になりつつある、という話も、あながちヨタではないかもよ。
m-dojo.hatenadiary.com