INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています 

「ジャンボ鶴田最強本」を天龍番記者・ゴング小佐野氏が書く。(スポーツ報知)

f:id:gryphon:20200517110017j:plain
酒井隆之氏のジャンボ鶴田紹介記事紙面版(スポーツ報知)

ジャンボ鶴田“最強説”をなぜ天龍番記者が書くのか…金曜8時のプロレスコラム


 初代三冠ヘビー級王者のジャンボ鶴田さん(享年49)が2000年5月13日に亡くなって今年で20年になる。全日本プロレスでは毎年、5月の東京・後楽園ホール大会でジャンボ鶴田メモリアルマッチを行ってきたが、今年は新型コロナウイルスの感染拡大の影響で中止に。その代わりに、鶴田さんの命日の13日に「永遠の最強王者 ジャンボ鶴田」(ワニブックス、1800円+税)が出版された。著者は元「週刊ゴング」編集長の小佐野景浩さん(58)だ。
(略)
 天龍が鶴田さんを本気にさせようと熱き心でぶつかっていた時代、「鶴田さんに『天龍さんがこう言ってましたよ』と言ってイラッとさせたりして、パッションのある発言を引き出そうとしてましたね。なかなか本気にはなってくれませんでしたけどね」。今回の出版にも天龍が全面的に協力してくれたという。天龍番が書いた評伝だからこそ、鶴田さんの本質が見えてくるのかもしれない。(酒井 隆之)
hochi.news

永遠の最強王者  ジャンボ鶴田

永遠の最強王者 ジャンボ鶴田

  • 作者:小佐野 景浩
  • 発売日: 2020/05/13
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
「普通の人でいたかった怪物」
今でも根強い〝日本人レスラー最強説〟と、
権力に背を向けたその人間像に迫る!

天龍源一郎長州力川田利明田上明小橋建太渕正信秋山準佐藤昭雄
和田京平、鶴田恒良(実兄)、池田実(日川高校バスケ部同級生)、鎌田誠(元中大レスリング部主将)、磯貝頼秀(ミュンヘン五輪代表)他、
当時のコメントと多くの新証言をもとに、
誰もが踏み込めなかったジャンボ鶴田の実像に、
元『週刊ゴング編集長』小佐野景浩が初めて踏み込んだ大作。

「鶴田の何が凄かったのか、その強さはどこにあったのか、最強説にもかかわらず真のエースになれなかったのはなぜなのか、総合的に見てプロレスラーとしてど う評価すべきなのか――などが解き明かされたことはない。もう鶴田本人に話を聞くことはできないが、かつての取材の蓄積、さまざまな資料、関係者への取材、そして試合を改めて検証し、今こそ〝ジャンボ鶴田は何者だったのか〟?を解き明かしていこう――」(著者より)


スポーツ報知の酒井隆之記者と言えば、ケンドー・ナガサキの急逝直前に撮影されたカブキやカーンらとの集合写真を紙面に掲載するなど、独特の情報アンテナがあるプロレス記者として知られる。
実はこのネット掲載記事は、紙の紙面に載った記事のごく一部(というかサイド部分)です。

紙面には
「クーデター未遂事件やジャイアント馬場さんとの関係も書かせていただいた」「馬場は天龍、三沢にピンフォールを許したが鶴田には一度も負けなかった」みたいな話も。
また格闘技的に「レスリング」の話も書いているようで『レスリングの実力として、ジャンボのすごかったところだとか、ウィークポイントだとか、長州さんたちが語ってくれたことは収穫でした』という記述もあり。