INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています 

怪獣インタビュー・ゴジラさん編「今回のKOMは、同窓会のようでした」

まず大前提・世界観の紹介

令和になったんで、再度、大前提から説明します。
・このブログでは、なぜか「怪獣インタビュー」という記事が以前からある

・これは、ウルトラ怪獣が、「プロレスラー」として展開していたかつての激闘を、裏話を中心に、回想してもらう、というもの。そう、あの戦いはプロレスだったのだ!

・こういうのは(後からわかったのだが)ある物語を「芝居であり、登場人物は演技していた」という前提でパロディ、二次創作を描く「楽屋もの」というジャンルに分類されるらしい。
【参考】ある作品を「映画」、キャラは「俳優」と仮定したパロディや二次創作は結構多いそうだ(続報)。 -
d.hatena.ne.jp


・その、過去のリンク集がこちら
m-dojo.hatenadiary.com

そこから、世界観がつながった状態で、今回の記事になります…

―私も長年、円谷プロモーションの方々を中心に「怪獣インタビュー」を行ってきましたが、ついにレジェンド中のレジェンド、始祖とも言うべきゴジラさんに「キング・オブ・モンスターズ(KOM)」大会をきっかけに、インタビューすることができました。とても緊張していますが、よろしくお願いします。

ゴジラ キング・オブ・モンスターズ(オリジナル・サウンドトラック)

ゴジラ キング・オブ・モンスターズ(オリジナル・サウンドトラック)

「いえいえ、こちらこそよろしくお願いします。もはや我々は老いぼれですけど、それでも需要があってねね、ゴジラのファイトを見に行ってやろうか、というお客さんが、まだいるのはありがたいことですよ。多分、長寿社会だから、ファンも一緒に長生きしてくれてるんでしょう(笑)」


ー 、と、トンデモナイ!会場は古いお客さん、どころか、全世界の全世代が、会場に詰めかけてゴジラさんに声援を送ってるじゃありませんか。特に子供達は熱狂していますよ。あんなに子供達が集まるのは、 めったにないんじゃないかなあ?


「子供達が来てくれるとしたらありがたいねえ。みんなコナン・プロモーションの方に目を向けてると思ってましたから。私もそうだな、こんど『あれれ〜おかしいぞー』とかやってみようかな」


―あはは、そういうプロモーション…あちらはほぼ別競技ですが、そちらにも目配りされていらっしゃいますか。

「そりゃあなた、私は『シェー』のポーズも取り入れた怪獣ですよ…まあ、今思えばやらかしちゃったんですけど(笑)」


―アハハハ!


「でもね、アベンジャーズがわざわざ日本公演を定期的に行うご時世ですよ。私たちも近接ジャンルからは常に学ばないといけません」


― 今なお盛んな、その研究心に頭が下がります…。前回大反響を呼んだ「シンゴジラ」大会も、今回のKOM大会も、様々に工夫して、新しいものを生み出してらっしゃいますね。特に、今や伝説となっている、体型を試合試合に応じて肉体改造される…その努力も未だご健在らしく、今回も画像を見て、 以前とは一回り違うどっしりとした肉体に なられてるのを見て、どれだけまた、裏で鍛えたんだろうと、感激しましたよ。


「今回は体重を増やす方だったからね、なんか嫌味に聞こえるな(笑)。…冗談はともかく、今回は金の字(※ゴジラさんはキングギドラをこう呼ぶ)が相手でしょ。あいつ、ナチュラルに俺よりでかいからね。やつと正面から組みあっていくとなると、当たり負けしないことが必要なんですよね。もちろん興行主からの、リクエストに沿って体を作っていくんだけれども、そこはあちらさんもわかっていて、この体型だからこそ、お客に見せるに値するファイトができたと思っていますよ」


シンゴジラの時も、肉体改造には苦労されたんですね?


「あれはねえ!!まず、今回のKOMとは別に、興行主のリクエストがむちゃくちゃだったんですよ。『3回体型を変えてください』って、信じられないオファーですよ(笑)。まあもちろん、KOMと同じく、それは興行上の必然性、アングルとしての流れがあったんですけど、同じ『必然性』でも、必然性に基づいて自然な準備をするのと、必然性に基づいて無理をするのは別物でね。やる側とすれば、結論は『ムリする』一択なんだから(笑)、もう、ジムでのハードトレーニングは当然として、絶食から暴飲暴食まで、短期間に正反対のことをして、別体型にナントカなったわけでね。いやあの時はね…メキシコに行って、未認可の、筋肉をあれするお薬でも色々と購入しようかと(笑)」


ーいや、まずいですよ! しかしその甲斐あって、最初はまずゴジラさんと認識できないほどでした。


「はい、こっちもそのつもりでしたからね。体型だけじゃなくてキャラクターを別人のように変えてくれ、というのが興行主のリクエストでした。しかも『最終形態を見たお客さんから、その別キャラクターも後から考えれば確かにゴジラさんだったな、と思わせるような感じで』という無茶ぶりまで入ってね。いやもう、そこまでむちゃくちゃ要求されれば、いっそ気持ちいいよね。こっちも『長年この怪獣業界で飯食ってねえぞ』とトップギアが入ってね。この歳になって、また新キャラクターが増えるというか、自分の引き出しが増えたんだから、庵野プロモーションには感謝するしかないですねえ」


―KOM真っ最中なのに気の早い話ですけど、庵野プロモーションのリングでも再び大暴れされることをファンは熱望しています。


「でも、もう一度、あの肉体改造をやれって言われるかと思うとね(笑)。まあ、ギャラと特別ボーナス次第だ、って書いといてくださいよ(笑)」


― アッ、でもギャラ次第ではほんとにシンゴジラ再登場もありえるんですね!それは朗報ですよ。


「あーまずかったかな、今のは無しね(笑)。」


―ええと、話がちょっと脱線してしまいました。キング・オブ・モンスターズの話ををもっとうかがいたいと思います。そもそも、ハリウッドでも、日本で培ったキャラクターをそのまま持って行き、それであのゴジラGodzillaがやってきた!!という看板になる…そういう存在そのものがそもそも、ゴジラさんをもって元祖とします。それから、ガイバーとか貞子とか、ドラゴンボールとかスーパーマリオとかピカチュウとか、いろんなキャラが海外で活躍されましたが、それも結局はゴジラさんが敷いた道ですよね。そう思います。


「まあ、敗戦後のどこもかしこも焼け野原だったところから…なんとか歯を食いしばって復興したところで、私もデビューしたわけですからね。そこからすぐ全米武者修行に行ったわけですけど、そらね1ドルでも外貨を稼いでやろうと。戦争では負けたけど、どうだ怪獣なら、日本男児ここにあり!だという、そんな気概でやってましたよ。そういえば、そうやって全部を回っている時に、トーゴ―って人から、年俸200万ドルを保証するからアメリカに定着しろ、なんてオファーを受けたなあ…。なんでもハリーハウゼンてプロモーションから、引き抜きの調整を頼まれたとか言ってましたよ。お前ならマジソンスクエアガーデンを、満員にできる!とか言われたりね」


―ひゃあ、それはすごい話です。だからこそ全米は熱狂するし…特に今回は、怪獣プロレスのパッケージ自体が、アメリカンプロレスではなくジャパニーズスタイルの大枠をそのまま持ち込んだ、そんなふうなアングルとファイトになりましたからね。


「ねえ、金の字(キングギドラ)だけでなく、ラドンモスラも呼んだんだからね。金あるよね本当にハリウッドは(笑)。しかしまあ、リングではガンガンやりあうけど、ある意味同窓会みたいなもんですよ。と言うか我々の世代はしぶといねえ(笑)」

ゴジラ ムービーモンスターシリーズ ラドン2019

ゴジラ ムービーモンスターシリーズ ラドン2019

S.H.モンスターアーツ ファイヤーラドン

S.H.モンスターアーツ ファイヤーラドン

ゴジラ ムービーモンスターシリーズ モスラ2019

ゴジラ ムービーモンスターシリーズ モスラ2019

ゴジラ ムービーモンスターシリーズ モスラ(幼虫)

ゴジラ ムービーモンスターシリーズ モスラ(幼虫)


―今回、そういうレジェンドと久しぶりにぶつかって、感じることがありましたか。


「そこはねえ、やっぱり我々に今時のファイトをやれって言ったって、全部はできないですよ。でも、もはや時代は令和。昭和の戦いをそのままやっちゃいけない。そこは四人とも全員、分かってましたよ。リバイバルではなく、新しい物をちゃんと受け入れて自分なりに消化しているぞ、と、それがプライドですよね、うん。全部かつてと同じことをやって、何も変化させないのは、プライドじゃない」


―いい話ですね……


「だから自分は、かつて痛い目にあったXXXXXXXXXXXXXXに『リベンジ』したでしょ?あれに借りを返せたのはすっきりしたなあ(笑)。スーパーXの野郎は既に〆たからいいけど、あいつと再び出会えるとは思わなかったしね」


ーええ、まったくそうです


「あ!あとですね、私以外はみんな翼を持ってて、空を飛べるわけですよ。みんなメキシコ修行もしてるし、空中殺法、ルーチャ・リブレをやりたがるわけですよ。案外、試合やってるとみんな勝手にそうなりかけそうになるんでね、地上戦、グラウンド・テクニックの展開に持ってくのが大変でした。なにしろ、そうなってしまっては私が目立たないし、ギャラも下手したら下がるし(笑)」


ーそっちはいい話じゃないですね(笑)


「この辺、内容言っちゃってもいいのかな…ラドンモスラ、今回はがっつりとコーナーを別にしてファイトするでしょ?あの2人、結果的にはゴジラ軍団のユニットで、組むことが多かったから、ガチで雌雄を決することがこの歳までなかったじゃないですか。
いい歳してね、『じゃあ、俺達どっちが上か?』 を、 今回決めるような形になったでしょ。いい年してそこはこだわりがあったらしくてね、両方とも事前にみっちり、コンディション仕上げて来たんですよ」


―あのラドンモスラは、結末も含め衝撃的でした。…そういえばゴジラ軍団ということでお伺いしたいんですが、 ゴジラさんのタッグパートナーというと、 今回出演したラドンモスラお二人に加えて、アンギラスさんが頭に浮かびます。それぞれパートナーとしては、ゴジラさんから見て、どうだったんでしょうか


「うーん、モスちゃんは、タッグパートナーというよりは、戦う相手としての方が印象に残ってるなぁ……1対2のハンディキャップとはいえフォールを奪われたこともある(モスラvsゴジラのこと)し…。だからラドンとアン(※アンギラス)ちゃんの比較になるけど、アンちゃんは私のことを立ててくれて、全ての面で補佐役に回ってくれてますよね。あの人はすごくうまいけど…それはね、通なら誰でも知ってるけど、欲がないんだよね。ラドンの方は、お前がガッーと行かないなら、俺が美味しい所もらっちゃうぞ!それでいいのかい?と、そう煽りながら、やっぱり私を立ててくれたという感じだね。ゴジラという名前がそれなりに、大きくなったとしたら、やっぱりそういう人たちが周囲にいてくれたからですよ。」


―これは失礼なことをお聞ききました。アンギラスさんとラドンさん、違いながらもどちらも唯一無二のパートナーだったということですね


「いや、こう書いてください。『ゴジラのベストパートナーはジェットジャガーだ』と(笑)」

ムービーモンスターシリーズ スタンダード ジェットジャガー

ムービーモンスターシリーズ スタンダード ジェットジャガー

東宝30cmシリーズ ジェットジャガー 全高約310mm PVC製 塗装済み 完成品 フィギュア

東宝30cmシリーズ ジェットジャガー 全高約310mm PVC製 塗装済み 完成品 フィギュア


―アハハ!ジェットジャガーさんとの共演もまた見たいですね。


「彼は本質、コメディアンだからね。でもあのテイストは、あの昭和シリーズの一服の清涼剤ですよ、清涼剤!……そういえば、ラドンと一緒の久々のリングだから、怪獣大戦争の時の合体技、あれを再現して金の字にぶつけてやろうか、と言ったんですけどね。『今回お前体重何キロよ』『いやキャリアを通じて最大の体重だ』って答えたら『アタタ、翼の古傷が急に痛みだした』とか言い出してね」


―翼の古傷を直して、ラドンさんには是非トライしてほしいです!そういえば、キングギドラさんですけど、今回〇〇がXXXされたにも拘わらず、XXXXからXXXが出てくる、という荒業を見せてくれましたね。古いファンも、いや古いファンほど、そんな新しい引き出しに驚愕でしたよ。


「うん、あれ道場ではよく見せてた技なのよ。ただ金の字の場合、恵まれた格闘センスと体格で、あの技を見せなくてもね戦えてしまうからね…。そこに目をつけて、それをリングで披露してみたらと言ったのは、やっぱりハリウッドのセンスだろうね。金の字も、自分の技を見せられて満足なんじゃないかな。そもそもあの技、彼の元の所属流派の『多頭流』伝統の技なんですから。もちろん使い手がそうそういるわけじゃないですけど、その伝統の技はきっちりマスターしてるって言うのは、金の字が怪獣プロモーションの中で、1目も2目も置かれていた理由ですよ」


―ああ、あのXXXがXXするという技、古代ギリシャの〇〇〇の伝説に似ていると見ていて思ったんですが、つまりキングギドラさんも、〇〇〇さんも同じ「多頭流」の一門なんですね。


「あそこは技術の継承だけじゃなく、同門同士の結束も強くてね。お互いがお互いの面倒を見るという、いい習慣もあったんですよ。ヤマタノオロチさんが、キングギドラのデビューの時は色々世話を焼いたりアドバイスをしたり、そこで出世した金の字が、ヤマタノオロチを『日本誕生』のリングにあげるよう手配したりね」


―ああ、なるほど。


水曜スペシャルでデビューした「双頭の蛇ゴーグ」も、ギドラというか多頭流の門下として、それでテレビ局にスカウトされたんですよ。ただ、彼は頭が固いというかクソ真面目でね……誰かあいだに入った人間が、あまり正直に言わなかったんでしょう。川口浩隊長と真剣勝負ができると思ってたみたいなんですよ。 ところが最初のデビューで、色々と水曜スペシャルの裏を知って、衝撃を受けたというか…。将来を嘱望された若手で、礼儀正しくて期待してたんですけど、その一本だけでね…こちらの水が合わなかったんだね」



水曜スペシャル 川口浩探検隊巨大怪蛇ゴーグ



ゴジラさんやキングギドラさんのように、数十年の長いキャリアを過ごすものあり、ゴーグさんのように、一本で鮮烈な印象を残すものあり……怪獣も様々ですね。
さてところで、KOMの本編や最後では、思わせぶりに「髑髏島」という言葉や映像が何度も出てきます。とすると、次は当然XXXXXXとの対戦を期待して…いいですよね?


「さてどうだろうねえ。そういうのがすべて実現するなら、今頃ニューヨークでは私の隠し子が活躍してるはずだから(笑)(※エメリッヒ版のラストで思わせぶりにゴジラの卵が映し出されている事を言っているのだろう)。万事風まかせ、運任せですよこのビジネスは。ただ実現したら……皆さんの期待を裏切らない、いや期待を超える何かを、お見せしたいですね。何しろ、私よりも先輩なんだから彼は。最初に彼がプロモーションの壁を越えてやって来た時はそれは嬉しかったしね、胸を借りるつもりでガンガンに行きましたからね。日光熱海でやりましたけど、彼も観光気分なんてゼロでね、プロフェッショナルなファイトとは何か?を教わりましたよ。あの人と再会するなら、それを超えなきゃね」

ーやる気十分と見ました。


「あ!そうだ!! プロモーションの壁を越えるといえばね、あなたのインタビューって、本来はウルトラ怪獣が専門なんでしょ?昔、円谷プロモーションと東宝プロモーションが、表面はともかく水面下ではものすごいライバル意識があって、なかなか交流とかも、ままならなかったってこと知ってる?」


―そんな話を往年の怪獣レスラーから聞くこともあります。


「その辺のことを知っている知り合いがいるから、ちょっと話聞いてみる?連絡したら20分ぐらいで来ると思うから、ちょっと待っててもらえるかな?」


―いや、それは願ってもない話です。ぜひぜひ。


「では、ちょっと待っててね」


20分後、この方が、部屋に入ってきた

!!!!!

「初めまして、ジラースです。いや、なつかしいなあ。なんでも聞いてよ。」


ここから先聞いた話も、驚くほど興味深い秘話ばかりだったのだが、それはまた別の話…


(了)