INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています 

地震で放送延期の「クローズアップ現代 中国アニメの躍進」が本日3月5日放送されます

日付をぜんぶ「3月5日」に読み替えてください

以下、ぜんぶこの前の記事の再紹介。


2019年2月21日(木)放送
どうなる?日本のマンガ・アニメ ~中国 急成長の衝撃~
シェアするhelptwitterfacebookgoogle
これまでクール・ジャパンの象徴とされてきた日本のマンガ・アニメで異変が起きている。国民的マンガ雑誌の編集部には、中国人作家の作品が持ち込まれ、地上波でアニメ化される作品も。日本の優秀なアニメーターを厚待遇で募集する中国企業も出てきている。急速に存在感を増す中国の背景には、国をあげた国産マンガ・アニメ振興策がある。各地でアニメーターを養成する「基地」を設立、世界に打って出るアニメや漫画を国策として育成しているのだ。激動する日中のマンガ・アニメ制作の現場を密着ルポし、日本マンガ・アニメのこれからを見つめる。
www.nhk.or.jp

余談だけど、この1時間前にフジテレビでは手塚治虫が特集される。
m-dojo.hatenadiary.com



プロ漫画家の感想(速水螺旋人氏)


プロゲームメーカー社長の感想



関連の、こんな過去記事やまとめはいかが?
d.hatena.ne.jp

togetter.com

m-dojo.hatenadiary.com

d.hatena.ne.jp

d.hatena.ne.jp


それら過去記事でも書いたけど自分の興味の一番大きい点

そういう個々の作品で、中国なり台湾なりインドネシアなりでどんな漫画やアニメの傑作が個々に生まれても、それはさもありなんな話にすぎない。
それより、驚くのが、その漫画やアニメを作るときのフォーマットとして、日本風のいわゆる『アニメ絵』的な絵柄がチョイスされたことに驚くべきだ。
「劇画風」とか「アメコミ風」とか「ディズニー風」が選ばれる可能性もあったのに、その「フォーマット」が選択された時点で、もって瞑すべき、ではないか…


という話に関する過去記事

「アニメ絵、世界を制す」…のか?この不思議な文明圏の拡大を「君の名は。」海外ヒットで観察する -
d.hatena.ne.jp

「かわいい」の科学−−あるいは日本漫画の不思議な進化について 
d.hatena.ne.jp

日本漫画・アニメの可能性と限界。いわゆる「アニメ絵」が受け入れられる文化圏の拡大について 
d.hatena.ne.jp

日本漫画における「美人・ハンサム」の描き方が、今のようになった経緯の仮説(日曜民俗学) -
d.hatena.ne.jp