INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています 

庵野秀明氏、シン・ゴジラ制作時に「皇室厳禁」を東宝から言われてたらしい(笑)

togetter.com

こちらのコメント欄から、該当の文章を抜粋。

ロ @mouth0717 26日前
この映画を見て右翼的だと感じる人間がいるらしいのが理解できない。組織のはぐれものチームが機転と連携で状況を切り抜けて逆転勝利する話なわけで、むしろ左翼的にすら感じるのだが。なにしろ内閣は"総辞職"するし、皇室に至っては存在にすら触れられてない。日本の命運を託されたのは上が邪魔でなかなか出世できないでいる、いわゆる"持たざる者たち"の類型だろう。

OOEDO @OOEDO4 26日前
mouth0717 そういえば「野党、国会が描かれていない」という話には「皇室も描かれてないぞ」という別の論点が出てきます

超破瓜@椰子教団広報 @super_haka 26日前
ん、そもそも歴代「ゴジラ」関連、皇室に触れた場面あったっけ?シン・ゴジラ」は触れると面倒臭い(関連で余計なシーン挿入→連続性を失う)のでオミットはありえるけど・・・・。あっても「政府対応で一言」コースだな。

上野 良樹@規制中 C95お疲れ様でした! @letssaga3 25日前
super_haka 東宝から天皇には触れないようにお達しがあったという発言を見かけましたが、ソースは未確認です。 https://twitter.com/__ume_y/status/946651638411886592

超破瓜@椰子教団広報 @super_haka 25日前
ソース無しか・・・・まぁ、この映画に限ってだけれど、皇室は要素としては不要だからなぁ・・・・ letssaga3


※連続コメントをひとつにまとめます

上野 良樹@規制中 C95お疲れ様でした! @letssaga3 52分前
super_haka ありました。『THE ART OF SHIN GODZILLA』の庵野秀明インタビュー。「(引用者注:2015年時点での東宝サイドからの要望は)2015年に入ってからはほぼないですね。大きく言われたのは、近隣諸国の国際情勢については劇中での明言を避けて欲しいという要望と、皇室に関しては一切触れてはならないという厳命の2点です」(前掲、500頁)と。

アマゾンではカタカナ表記の「ジ・アート・オブ・シン・ゴジラ」 

ジ・アート・オブ・シン・ゴジラ ([バラエティ])

ジ・アート・オブ・シン・ゴジラ ([バラエティ])

シン・ゴジラ』の詳細全記録集が、豪華ハードカバー上製本で発売決定!
2016年7月29日に公開される12年ぶりの「ゴジラ」シリーズ最新作『シン・ゴジラ』。
脚本・総監督は庵野秀明、監督・特技監督樋口真嗣、出演は長谷川博己竹野内豊石原さとみ。キャッチコピーは「現実(ニッポン)対虚構(ゴジラ)」。日本映画界期待の新作です。
映画『シン・ゴジラ』はどうやって生まれ、作られたのか、そのすべてがわかる書籍が発売決定!
シン・ゴジラ』制作のために描かれたデザイン画・イメージボード・資料写真等を収録した画集・写真集であり、スタッフインタビュー・メイキング記録もたっぷり収録した公式記録集です。
庵野秀明総監督のロングインタビューも独占掲載!
古今の「ゴジラ」ファンだけでなく、映画を愛し楽しむすべての人に読んでいただける、現代の映像クリエイター達の戦いの記録です。
外箱と本体の間にあるのは付録の「完成台本」! 台詞、ト書き、テロップに至るまで全て映画本編と同一内容を収録! もちろん役名役職記載のキャスト表付き。
企画メモをはじめ、庵野秀明による数十回にわたり執筆・改訂が繰り返されたプロットおよび脚本から6種を採録!
────────────────────────────────────────
【収録内容】(予定)
庵野秀明インタビュー(本書のみの独占掲載) 7万字以上の大ボリューム!
・主要スタッフインタビュー
樋口真嗣尾上克郎前田真宏竹谷隆之鷺巣詩郎、山内章弘、佐藤善宏、大屋哲男、佐藤敦紀、山田康介、林田裕至、佐久嶋依里、山田陽、野口透、稲付正人、三池敏夫摩砂雪
・『シン・ゴジラ』はこうして作れた!

letssaga3 補足しますと、元々東宝側は、従来のゴジラ作品のように、人間ドラマを重視した筋書きを望んでいた。しかし庵野氏は、ゴジラ出現を現実的に描くなら、官邸側を舞台の中心にすべきと考えていた。東宝側の要望に添った脚本も作ったが、「僕が最初にやりたかった映画と全く違う物になっている」と強く感じ、降板するといいだした。結局、東宝側が折れて、ほぼ庵野氏の構想通りの筋書きになった、という話でした。
 
letssaga3 letssaga3 庵野氏は官僚、自衛官、政治家らへの取材を重ねて、劇中でも可能な限り史実で取るであろう行動から「何も足さない。何も引かない」ようにした。「巨大不明生物」の呼称も、実際の官僚の意見をそのまま採用したとの事。なので、私のような人間が、官僚の取るデモへの態度を不愉快に思ったのは、むしろ庵野氏の狙い通りの反応です。
 
なお、シン・ゴジラ世界も、東日本大震災を経験した世界であるとの事。当初は「3.11」に直接触れる台詞もあったが、最終的に原子力規制庁の存在で、震災があった事を示唆するに留めたという話でした。