INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています 

浅羽通明の最新刊は「君たちはどう生きるか」解説/星新一読書会、遂に「白い服の男」を読む

メールそのまんまね。無断転載

浅羽通明最新刊のお知らせ

浅羽通明最新刊『『君たちはどう生きるか』集中講義』が、本日幻冬舎新書の一冊として発売されましたた
https://www.amazon.co.jp/君たちはどう生きるか』集中講義-こう読めば100倍おもしろい-幻冬舎新書-浅羽-通明/dp/4344985214
https://www.gentosha.co.jp/book/b12074.html

内容紹介
大ベストセラー、マンガ版『君たちはどう生きるか』は、原作の凄みを全て削ぎ落としてしまった! かの名著は、友を裏切った少年を諭す道徳の教科書でも単純な反戦の書でもない。美少女ヒロインを陶酔させる戦争賛美の哲学が、マルクス主義と激突する現代思想対決? ?暴力支配を倒す政治ドラマ? 丸山眞男池上彰も誤読した原作者・吉野源三郎の「仕掛け」と裏メッセージを読み解いたとき、説教臭い古典は、いじめの解決、ポピュリズムの怖さまでを甘酸っぱい初恋に包んで訴えた現代エンターテイメントとして甦る。

著者について
一九五九年、神奈川県生まれ。「みえない大学本舗」主宰。著述業。八一年、早稲田大学法学部卒業。著書に、『ニセ学生マニュアル』三部作(徳間書店)、『大学で何を学ぶか』(幻冬舎文庫)、『右翼と左翼』(幻冬舎新書)、『ナショナリズム』『アナーキズム』『「反戦脱原発リベラル」はなぜ敗北するのか』(すべてちくま新書)、『教養論ノート』(リーダーズノート新書)、『思想家志願』『天皇反戦・日本』『昭和三十年代主義』(すべて幻冬舎)、『野望としての教養』(時事通信社)、『教養としてのロースクール小論文』(早稲田経営出版)、『澁澤龍彦の時代』(青弓社)、『時間ループ物語論』(洋泉社)等がある。

池上彰ほか識者への忌憚なき批判あり、いじめ解決や#MeToo運動ほかへの言及あり、さらには、血湧き肉躍る少年少女アジア雄飛を謳うラノベ風続編の構想もあり…〓
意外に盛りだくさんな最高の便乗本で、一年の読書を締めくくりましょう!
お買い上げ頂けたら幸いです〓〓〓


そしてー、
星読ゼミナール第21回。

Aクラス12月22日(土)午後18時開場19時開始22時まで!
Bクラス12月30日(日曜)午後13時開場14時開始17時まで! ※A,Bクラスは、同内容のものを2回やると思ってください


今回の課題作品は、白い服の男「老人と孫」「特殊大量殺人機」。いずれも新潮文庫ほか『白い服の男』で読めます。

白い服の男 (新潮文庫)

白い服の男 (新潮文庫)

今回は、正義を扱った問題作。戦後を支配した絶対的正義への懐疑を提示したかと思うと、正義から遠ざかった立ち位置の不気味さをも突きつけ、さらに正義の実現を考察して平成の人気マンガを三十年先取りする。星新一の根源的思索の試みを追い、いろいろ考え語り合いましょう



いつもながら、話題は、時事問題、サブカルチャー、男女、家族、下ネタから、芸術、社会、歴史、哲学、宗教などなど、星新一ショートショートを離れて様々な方向へ自在に広がってゆくはずです…(^_^;)
料金・木戸銭(入場料):1500円加えてドリンク等の注文をお願いしています。(500円〜)
於☆夜学バー“brat”地下鉄千代田線湯島駅徒歩2分JR御徒町駅徒歩4分。台東区上野243池之端すきやビル3F
http://ozjacky.o.oo7.jp/brat/access.html
https://mobile.twitter.com/brat_yagaku/
星読ゼミナールの主宰は浅羽通明氏。SFショートショートの神様・星新一の作品を中心に課題短編を設定。来客者に読んできていただき、自由に語らう会です。小さなお店ならではの、サロンのような形式を皆さんとつくってゆけたらと考えています。!!
(課題短編は、開場〜開始までにお越しいただければ読むことができます。お持ちの方はぜひご持参ください。)
◎終了以降は通常のバー営業に切り替わり、浅羽氏を囲み放談の時間となります。通常営業ですので、読書会とかは苦手だけど、いろんなことを話してみたい方などは、終了以降からのご来店も大歓迎です(予約は不要です)。浅羽氏も少なくとも終了後一、二時間は騒ぎつづけます。こでしか買えない特別グッズ販売コーナー(浅羽通明最新時事エッセイ、評論など!内容については浅羽通明Twitter参照)、セドリー浅羽の講釈付古本即売コーナー、ふるほんどら猫堂も毎回好評です(=^ェ^=)
☆参加希望の方は、asabami@piko.to
asabami@piko.toまでメールで予約を!!