INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています 

格闘技系イビジェ・アミューザの有名人、Poetさんの「証言UWF」感想

このブログのコメント欄(http://d.hatena.ne.jp/gryphon/20170524/p1)に寄せていただきました

証言UWF 最後の真実

証言UWF 最後の真実

本書は、新間寿1984年3月に創立、85年9月に活動休止した第一次UWF(ユニバーサル・レスリング連盟)、
そして前田日明が88年5月に旗揚げし、90年12月に崩壊した新生UWFに所属、関係したレスラーおよび関係者、
17名による証言集である。内紛、確執、不和……プロレスと格闘技の間を漂流し続けた男たちの魂の叫び――。

Poet 2017/05/24 10:37
田村証言は、前高山+藤原が、合同練習に来なくなってからは、どうなんだろうという疑問がありますね。
そういえば、Wikipediaのリングス項では、一時、「試合結果は事前のスパーリングでの強弱が反映されていた」という記述が、ソース無しに出ていました。
スパーでは本気の打撃ができないし、星を返したりしてるのでダウトですが。

証言UWFの感想は、
(1)唯一大人(20台は子供として)の年齢なのに、藤原は本当に上に立って仕切る気がなかったんだなー。
(2)この集団にあって、高田と船木のスパーリングでの評価と人望の高さが際立ってる。
(3)やっぱり、前田の証言を除外すれば、みんなの話に、ほぼ整合性がとれてるな。
(4)鈴木をはじめ、みんなが、辛かった事、人生最悪の経験もしたけど、今ではいい思い出で誇りに思う
と言ってるのに、また他人の悪口ばかりでぶち壊すなよ、前田!