INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています 

堀口恭司、RIZINにて元谷友貴といきなり激突。それはいいが、今後の展望は?


RIZINが出し惜しみしないのは凶か、吉か。
RIZINがどこまで安定しているかを考えれば、やれるカードは早めにやったほうがいい…一方で「フライ級トーナメントやるんじゃないの?その場合、AブロックとBブロックに分けて、決勝で期待するようなカードじゃないの?」とも思う。
ただ、前者と後者で考えるなら前者のほうに分があるだろうね(笑)

しかし、堀口もその代理人
最強を決める競技としての最高の場所はUFC
格闘家が最高の富と栄誉を得られる場所もUFC

であることは前提としたうえで、そのUFCがフライ級の試合をコンスタントに組んでくれないので外に飛び出し、できれば外でどんどん実績を積んでUFCにもどるという選択もある、と。

うーーーん。元谷戦はいいよ。俺は元谷がDEEP王者になった秒殺前蹴りのシーンだって生観戦した。
日本では、元谷が超一級の実力者であることを疑う人はいない…が、世界的にその実績が評価されていくのかねえ。
ましてや元谷に勝って、その次は?和田竜光?才賀紀左衛門?所英男?・・・・・・・・・・と、なる。

だいたい年間3試合、本当に保証できるのだろうか?

そこも不安というか、ONEやベラトールとの連携で試合を回すのかと思ったらそうでもないし。

まあ、なんだかんだと一試合入魂であるべきなので、
まずは間違いなく好カードのこれに期待。

その上で、元谷側から見れば、勝利一発世界へのパスポート。
この大物食いだってあるで。