INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています 

「俺の思ってたSWじゃない!」「字幕の流れる速さが変わった!」ルーカス以上にスター・ウォーズを愛するファンが立ち上がる!「ピープルvsルーカス」がabemaTVで無料配信

一つ上の記事で触れたけど、再度紹介します

ピープルvsジョージ・ルーカス
https://guide.abema.tv/posts/880161?categoryIds=67265


映画史上最も情熱的な議論の的とされた監督ジョージ・ルーカス。神格化された映画監督と、『スター・ウォーズ』ファン軍団の間に勃発した争いに迫る、壮絶バトル・ドキュメンタリームービー!
1970年から1980年代にかけてジョージ・ルーカスが発表した『スター・ウォーズ』最初の3部作には誰もが熱狂し、圧倒的な賛辞を惜しまなかった。やがてその映画は新しいアメリカ文化ともいうべき大々的ムーブメントを各地で巻き起こす。だが、特別篇と新3部作の話になると、コアなファンたちの態度は手の平を返したように冷たくなるケースも出てきて……。
■放送日時
(略)
2016/06/30(木) 13:00より ▷詳細はこちら
2016/07/03(日) 00:25より ▷詳細はこちら
2016/07/03(日) 06:34より ▷詳細はこちら
2016/07/03(日) 16:57より ▷詳細はこちら


ホドロフスキーのDUNE」のameba配信は残念ながら見られなかったが、こっちはみたいな。

ホドロフスキーのDUNE|AbemaTV https://guide.abema.tv/posts/879640


さて、なんでこの作品を知ってたかと言うと…

スター・ウォーズ フォースの覚醒』の前にこれを観ろ! - 1年で365本ひたすら映画を観まくる日記 (id:type-r / @hitasuraeiga) http://d.hatena.ne.jp/type-r/20151211#p1

※ネタバレもあるそうです。
ご了承の上お読みください。


…思い入れが強ければ強いほど、複雑な心境を覗かせる熱心なファンたち。本日ご紹介する『ピープル vs ジョージ・ルーカス』という映画は、そんな”スター・ウォーズ信者たち”がジョージ・ルーカスに抱いているやり切れない想いを、多数のインタビュー映像を交えて赤裸々に綴ったドキュメンタリー作品なのです。
インタビュー中、『スター・ウォーズ 特別篇』でルーカスが行った数々の”改変行為”に対して不満をぶちまけるファン。その内容は多岐にわたり、CGによる修正箇所やジャバ・ザ・ハットの追加、果ては20世紀FOXロゴマークの出るタイミングに至るまで、実に細かい事柄を…

名人か!!!
 


スターリンか!!

おそらく、「あの『スター・ウォーズ』の新作を観られるぞ!」という期待と興奮が高まりすぎて、実際の映画が人々の想定を大きく下回ってしまったことが原因なのでしょう。『エピソード1』はボロカスに貶されたのです。
そして、怒りの矛先は主にジャー・ジャー・ビンクスへと向けられ…


されど…感動のラストシーン?につながるとか。

「熱狂的ファン」を横目で見ると面白いね、という系統の漫画紹介。

この前、一覧表を作ってみました。

「ファン漫画」の歴史を年表化してたどってみる【創作系譜論】 - http://d.hatena.ne.jp/gryphon/20151004/p2


昨日紹介したばかりだけど、アサイ先生の『木根さんの1人でキネマ』はまさに「このルーカスvsピープル」的な漫画。
1巻にはSWネタもあり、エピソード1を「思てたのんと違う…」という感想もまさに同じ(笑)





そしてこちらもKindle配信が始まったと。



とまあ。


おっと、因縁は因縁を生む………この作品も最新刊が発売なのか

トクサツガガガ (7) (ビッグコミックス)

トクサツガガガ (7) (ビッグコミックス)

続々重版!話題の「特撮オタク」コメディー

ある日、仲村さんが同僚と買い物に来ると
運良く(悪く?)ヒーローショーが開催中。

同僚に「中身はバイトのオッサンでしょ」と
言われるが、特撮好きを隠している
仲村さんは反論できない…
しょせん自分の「好き」はその程度なのか…

でも、アピールするほうが「好きが上」なの?
詳しいほうが、よりお金を使うほうが
「愛情が大きい」の………!?

続々重版!! 支持どんどん拡大中!!
話題の「特撮オタク」コメディー
単行本第7集!!




【編集担当からのおすすめ情報】
『このマンガがすごい!2016』オトコ編17位、
『全国書店員が選んだおすすめコミック2016』15位ほか
マンガランキング続々イン!の話題作です。

何かに熱中している人、好きなものがある人は
きっと共感して頂けます!ぜひお手にとってみてください!