INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています 

伝説の怪作?ウルトラ落語「抜けガヴァドン」(柳家喬太郎)が1日、BS11で放送


http://www.bs11.jp/

柳家喬太郎のようこそ芸賓館
よる7時00分〜7時58分

火曜の夜だけ現れる芸人たちの殿堂“芸賓館”。柳家喬太郎が支配人の演芸番組が開演!


さて、どう説明していいのやら…だが、以前そのへんは書いているから(笑)、再紹介すればいいのだ。

以下、再紹介です。

「マクラでウルトラ怪獣ネタを語る」柳家喬太郎という落語家がいるらしい。 - http://d.hatena.ne.jp/gryphon/20150814/p1
ちょっと想像がつかないのだが、以前その人から聞いた話を。
喬太郎は、「クリスマスの思い出」をテーマに落語のマクラを語っていた。その内容は
『今はケーキも生クリームの美味しい高級なものになったが、昔のケーキはもっと安いバタークリームが主で、少し時間がたつとカチカチに固くなって、クリームにひびが入る』といった趣旨の話だったそうな。
しかし、その、固まってヒビが入ったバタークリームを

バキシムが割った空間のような」

と表現。寄席の客の中でその人だけが唯一にやりとしたのだが、喬太郎すかさず「ありがとうございます!だれか一人ぐらいは分かってくれるんじゃないかと思ってました!!」

なんと非効率的な、笑いの取り方をするのだろう(笑)。
(略)

場所によっては、「マクラ」どころじゃないらしい

http://akitalife.info/archives/707
仲入り後に喬太郎が、「やっている方だけが楽しい落語」と称して演じてくれましたねえ。帰ってきたウルトラマンが、なぜウルトラマンジャックになったかというのを、「つる」のフォーマットでご隠居に聞くというもの。まったく喬太郎の趣味だけの落語。下げが、なぜウルトラマン達がシュワッチと叫んで飛ぶのかという理由ですが、これがまあ、くだらない。感動的なぐらい。後に出て来た一之輔も呆れていた。ということで、

そういえば放送局の「BS11」についても当方書いてたな

ビックカメラの子会社で、アニメと韓流を流す無料放送「BS11」は3年連続増収増益、東証2部上場。スカパー…大丈夫か?(毎日新聞) - http://d.hatena.ne.jp/gryphon/20140418/p2

無料放送なのに、アニメに強い局なんだっけ。アニマックスやキッズステーションも蹴散らすような。
今現在はこういうのやってるんだそうな。
http://www.bs11.jp/anime/

面白い人には面白いのをやってるのかもしれない。(ガンダムをやっているのが目に付くな)
地方の人には福音なんだよね。


ネット動画、BSで「電波、番組の地域格差」は縮小した。だからこそ一部に残ると際立つね・・・(本日の亀田戦) - http://d.hatena.ne.jp/gryphon/20151017/p4