INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています 

「この件は 前田日明に しゃべらせろ」(五七五)〜放言か、諫言か?


がはは。
でも上場企業(フジ)が舞台の大問題だからねえ、本来は。
でも再度
がはは。

http://www.daily.co.jp/ring/2015/10/24/0008507443.shtml
12・13大田区「THE OUTSIDER」の会見に出席した前田氏は、06年6月にフジ側が当時のPRIDE運営会社との契約を解除したことを振り返り「どれだけメディアに格闘技アレルギーが起こったか。(以後は)マジメにやってるプロモーターにはスポンサーがつかない」と発言。自身もアウトサイダー維持へ、生活レベルを下げたとした。

いちどかいたことがあったけど、前田こそ「全文革命」がふさわしい人であって、今回の会見も、一字一句正確に文字おこししたテキストがほしいところだ。
ちょっと巡回できてないので、すでにあったら申し訳ないけど、もし無かったら今からでも今回の「前田激白!」のテキストを所望じゃ。

よし「RIZINコンプライアンス」の話は前田をして語らしめよ。掲載は「KAMINOGE」だ(笑)

旗揚げ会見でも話題には上らず、また天下り警察幹部を内部にいれた「RIZIN」、あれ?実は問題ないのかな?とこちらも実は半分ほど思いかけてました。

しかし、そんなぬるい状況に前田アニキが喝!
さすが元祖クラッシャー!

さて、本題に戻るが、本来的にはフジテレビという上場企業のコンプライアンスの問題であり、格闘技やプロレスの専門紙の問題ではない。一般紙や経済紙を飾る話題である。
噂レベルは排除するとしても、
ゼロ年代、フジテレビはある格闘技団体との契約を突然に解除した。
・それは「コンプライアンス」の問題だと、少なくとも当時フジテレビがわが言明した。
・今回、大晦日にそのフジテレビが放送を予定する格闘技イベントは、前記述の団体と同一主催者である。

ここまでは誰も異論のない「外形的事実」であって、これだけで本来は、フジテレビの会長会見などで質問されるに足る。
というか、たしかなネタがあれば俺はフジ株の空売りを仕掛けて、一番いいところで炸裂させるよ
(笑)

しかし、決め手がない…と思たら前田が上のような話をしゃべっているのである。

「その話、詳しく聞かせてください!」とここで行くべきですよ。民法ライバル局か、紅白の挑戦者をつぶすNHKか。
クローズアップ現代」に出演して榊原氏やPRIDEについて熱く語る前田氏なんて胸熱じゃないですか。
あるいは 「週刊現代」ですよ。加藤イズムはまだ編集部にあるはずだ。

ただ、当方も、「前田日明は思い込みと正しい記憶がごっちゃに
なったり、推測を断言形で語ったりする」傾向があるのは知ってる。

しかしだ、まずは一発、「前田日明治が、旧PRIDEのコンプライアンスについて知っていること」
の確認証言をとれないか、とは思うのですよ。というかもう、アウサイ会見で言っちゃったんでしょ?
それでまた「これは前田さんの、ちょっとした思い込みでしたー。いやはや困ったもんだね」となってくれれば、それはそれでよし。

まずそのへんを整理して、活字にしていただきたいと。
前田アウサイvs榊原RIZIN
の構図ができれば、まずはそれにのっかるのが作法だ。


それがよみたい。
KAMINOGEで。
(了)