INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています 

新世代が、この前までの活躍選手を呑み込んでいく?今回のUFCはそんな試合が多かった

UFC on FOX15:第4試合・水垣偉弥 vs. アルジャメイン・スターリング - 格闘技徒然草 http://d.hatena.ne.jp/lutalivre/20150419/1429393600

水垣反転するが肩固め。下から絞めると水垣タップ…。
1,2Rそこまで差はなかった気がしたが、削られていたのは水垣の方だったか。自分の力が出せる展開に持って行けなかった。これで連敗。苦しくなったが次は日本大会出場か。
水垣からきっちりタップを取ったスターリングは一気にランキング上位に入りそう。


UFC on FOX15:第9試合・カブ・スワンソン vs. マックス・ホロウェイ - 格闘技徒然草 http://d.hatena.ne.jp/lutalivre/20150419/1429403944

ホロウェイパンチを打ち込むとギロチンに。そのまま押し倒してマウントで絞める。耐えていたスワンソンだがタップ。
ホロウェイ完勝。今日はランカーの出る5試合はすべて若い選手が勝っている。30代前半の選手が20代の選手に追い上げられている。


UFC on FOX15:メインイベント・LYOTO vs. ルーク・ロックホールド - 格闘技徒然草 http://d.hatena.ne.jp/lutalivre/20150419/1429408180
 ロー、ミドルを入れるロックホールド。パンチでスリップダウンしたLYOTO。足の踏ん張りが効かないか。すぐに植えになったロックホールド。シングルバック。パウンド。バックマウントに。体を伸ばしてチョーク。タップアウト!

ロックホールド圧勝。ジャカレイにも勝っているし、次期挑戦権をゲットか。

この3試合以外にも、20代選手が30代のランカーを食う試合が多かったそうである。

偶然ということもあるだろうし、この前のどこかの大会では逆に名を知られた側が若者を退ける試合が多かったようにも思うけど、今回は水垣、リョートといった馴染み深い選手がしかも「完敗」に近い形で退けられたのは衝撃的だった。


今後、こうやってこの世代の人間が少しずつ第一線から降りていくと……彼らもケージフォースとか猪木祭りとかアルティメット・クラッシュとか、そういうゼロ年代の日本国内での総合の盛り上がりを受けて知名度やファンの思い入れをもらっている選手。

それに勝った、日本の団体で一度も闘ったこと無い外国の新鋭選手の試合を、同じようなテンションで日本の格闘技ファンが見ることは出来るだろうか?

それは自分の意識も合わせて、ちょっと不安なんだよな。


だからこそ、今週末はがんばれ堀口恭司