INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています/※場合により、語る対象の「ネタバレ」も在ります。ご了承ください 

10.4 パンクラスファイトパス感想

★PANCRASE270:第9試合・ビクター・ヘンリー vs. 福島秀和 - 格闘技徒然草 (id:lutalivre / @lutalivre_jp) http://d.hatena.ne.jp/lutalivre/20151004/1443947932

まったくもって見事なサブミッションの勝利で、キャッチレスリングを名乗るのは伊達じゃない・・・とは思うが、さすがに日本で、DREAMや修斗王者を含めて4連勝(うち3つが一本勝ち)というのは、彼に名を成さしめすぎやしないか。「ビクター包囲網」が必要だろう。「ビクター試練の七番勝負」とかそういうやつだ。


しかし
「ジョナサン・ブルッキンスとの対戦をアピール」
とのことで、もう心情的に日本軍扱いする、という手もある。多少、師匠筋といってもいいビル・ロビンソンふたたびだ。


★PANCRASE270:セミファイナル・レッツ豪太 vs. 鈴木槙吾 - 格闘技徒然草 (id:lutalivre / @lutalivre_jp) http://d.hatena.ne.jp/lutalivre/20151004/1443953169

この前の試合、最後に逆転されたとはいえ前半はヒットアンドアウェイとサークリングで「圧倒」していたといっていいレッツ豪太。しかし今回は、ある意味で同じ展開なのに、そのひとつひとつが「逃げる」ように見えたのは外側のイメージなのだろうか…例の菊池寛「形」のように、自信や勝つイメージによって変わったりするのかねえ。


「ファイトパス」で、選手の試合はチョイスされるだろう。キュレーションが必要になる

ファイトパス、画質や動きにはあらためて不満は無い。
ディスプレイを少し大きくするかね・・・それより電波を飛ばしてテレビで見るほうがいいか。

で、会場なら第一試合からひとつひとつ見ていくわけです。最後まで。
しかし昨日はなまじおっかけの再生だったから、ついつい上のような、注目試合を選んでみちゃうわけですよ。

そうすると、やはりまず「見ようかな」と思わせる情報や紹介が必要になる。そういうキュレーションが必要になると思いました。