INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています 

劇勝ミルコ・クロコップ、試合前の言葉を振り返る(ゴング格闘技)

勝利!!!なんどかみ締めても、いいものです。

ここでの、堀内勇=ひねリン氏のロングインタビューを紹介しよう。正直、試合を見る前まではなんか不安で紹介できなかった(笑)。

ファイティングは私の仕事だけど、それ以上に私の人生そのものなんだ。(略)私が闘わなくなるということは、私の一部が死ぬということだ。そんなのはご免なんだよ。別に私は勝利や金に飢えているわけじゃないよ。私が闘いたいのは、それが私の人生だからだ。

世の中で自分の好きなことをして生きることが出来る人は決して多くないだろう。多くの人々は、賃金を得ることが出来るから働いているんだ。勿論私も戦うことで金を稼いではいる。でもそれだけじゃなく、戦うことが大好きだからやっているんだ。 I really love it! I really love it! 私はファイターとしての自分の生活を心から気に入っているんだよ。これほど私をハッピーにしてくれることはない。

最初の2度の契約時には、私はUFCから王様のような扱いをしてもらったにもかかわらず、納得のいかない結果になってしまった。それについては、私は決して自分自身を許すことが出来ないんだ。だからこそUFCに戻りたかったんだ。もちろん、今回私は対戦相手を全員なぎ倒して王者になる、などと言いたいんじゃない。そんなことは誰も保証できないし、UFCにいるのはタフファイターばかりだからね。でも私はベストを尽くすよ。

このあと「UFCではMMA以外の試合ならできると思うから、IGFグラップリングマッチなどをやれたら嬉しい」というような発言もしている。

今年もUFCが日本大会を開催するなら、私も参加することになると思うよ。君も知っているだろう、私と日本の結びつきがどれだけ強いかを。ぜひ日本で戦いたいよ。ファイトするための場として日本は世界一だ。…(略)私は世界のどこで試合をしても声援を送ってもらえるよ。でも日本は特別なんだ。私のキャリアは日本で始まったし、重要な試合の多くを日本で戦ってきたんだ。ぜひともまた戦いたいよ。MMAがだめならグラップリングでもね。

ミルコの新しい航海は、いま始まったばかりだ。その寄港地のひとつが、わが日本になるなら嬉しい。