INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています 

腕十字が、総合の極まり手になる場面が減ってきた気がする(非統計)

http://d.hatena.ne.jp/gryphon/20141226/p1
からのつづき。
今回、クロンがガードから三角&腕十字コンボで勝利したのは本当にクラシカルな攻防であって、非常にレアケースなのは間違いないけど、それを除いても腕十字で極まる試合は減っているような気がする。
これはちゃんと記録に残る話だから、本来的には集計をしていけばいいのだが、ちょっとムリなので、それなしで印象論で語ります。
結局、腕十字が仮に滅びるとしたら、最初期に船木誠勝が「野獣の時代」と呼び、佐山聡掣圏道を生んだ思想…って単に単純に「寝技だったら関節を極めるより、上のポジションをキープして殴ったほうがいいがなオラオラ」な話ですな。
それはけっきょく、正論だった。
ただしその中では、腕十字はその効果や確実さ、簡単さから関節技の中では長命を保ったほうだし、今後も使われていくだろう。
でもやっぱり出番は減るのかなあ。だとしたらさみしいもの。

もうひとつ、なんだかんだとこの技は、下からの逆転技ならばともかく、上から極めるとしたら、せっかく上で体重を乗せて抑えこんでいる状況を解除するという意味合いがあるですよね。
これが怖い。なにしろ柔術だけで息子を戦わせようというヒクソン・グレイシーですら、あの高田延彦との試合のときですら(すら、っていうな 笑)、その危険性を考慮して、失敗して反撃されても大丈夫なように残り時間30秒からこの技を仕掛けたのだ。


上の状況で、相手を押さえ込むという状況自体は一応キープしながら仕掛ける「肩固め」や「腕絡み」も注目される中、腕十字の復権はあるのでしょうか。

ロンダ・ラウジーがひとり腕十字マスターとしてUFCで注目を浴びていることや、

デミトリウス・ジョンソンが使った「腕絡み→腕十字」の連携について。 -http://d.hatena.ne.jp/gryphon/20130731/p1

なんてのもあるので、腕十字ルネッサンス、もありえるかもしれない。
(※ただし、統計を取ってみると「別に腕十字の決まり手の確率は減っていない」となるかもしれない。絶対数とはまた違うことにも注意)

追記 こういうレスポンスがあった。

特徴は、こちらは統計資料に当たっていること。

総合格闘技で腕十字は決め手になりにくくなったか? - 火薬と鋼http://d.hatena.ne.jp/machida77/20141226/p3

さらに追記 調査した人がいた!!!

とし 2014/12/27 22:34
サブミッションを8種類に無理やり分類


裸絞め(リアネイキッドチョーク、ネッククランクなど)
・ギロチン(ダース、アナコンダ、ノースサウスなど含む)
・三角(裏、横、腕ひしぎ三角など含む)
・肩固め(ヴォンフルーチョークなど含む)
・腕絡み(キムラ、V1、アメリカーナなど)
・足関(ヒールホールド、膝十字、アキレスなど)
・十字
・その他

UFC+PRIDEの年別データ

・2001-2年 229試合 反則・無効試合5 判定75 KO98 一本51
裸絞め7 ギロチン7 三角7 肩固め4 腕絡み1 足関2 十字19 他4(ブルドッグチョーク、キーロック2、ストラングルチョーク)

・2003-4年 222試合 反則・無効試合2 判定69 KO93 一本58
裸絞め12 ギロチン7 三角4 肩固め5 腕絡み5 足関3 十字18 他4(袖車、胴締め、ブルドッグチョーク、キーロック

・2005-6年 437試合 反則・無効試合1 判定139 KO175 一本122
裸絞め36 ギロチン16 三角16 肩固め3 腕絡み10 足関10 十字28 他3(キーロック2、ゴゴプラッタ)

・2007-8年 389試合 反則・無効試合3 判定127 KO147 一本112
裸絞め40 ギロチン22 三角11 肩固め5 腕絡み5 足関6 十字22 他1(キーロック

・2009-10年 468試合 反則・無効試合3 判定216 KO145 一本104
裸絞め28 ギロチン33 三角12 肩固め7 腕絡み6 足関6 十字12 他0

・2011-2年 641試合 反則・無効試合10 判定306 KO200 一本125
裸絞め53 ギロチン34 三角10 肩固め4 腕絡み4 足関5 十字13 他2(ツイスター、胴締め)

・2013-4年 878試合 反則・無効試合17 判定422 KO278 一本161
裸絞め62 ギロチン41 三角12 肩固め14 腕絡み8 足関4 十字16 他4(ブルドッグチョーク3、オモプラッタ


技/試合        
    裸絞 ギロチン 三角  肩固  腕絡  足関 十字 その他 全一本/試合
01-2年  3.1%  3.1%  3.1%  1.7%  0.4%  0.9%  8.3%  1.7%  22.2%
03-4年  5.4%  3.2%  1.8%  2.3%  2.3%  1.4%  8.1%  1.8%  26.1%
05-6年  8.2%  3.7%  3.7%  0.7%  2.3%  2.3%  6.4%  0.7%  27.9%
07-8年 10.3%  5.7%  2.8%  1.3%  1.3%  1.5%  5.7%  0.3%  28.8%
09-0年  6.0%  7.1%  2.6%  1.5%  1.3%  1.3%  2.6%  0.0%  22.2%
11-2年  8.3%  5.3%  1.6%  0.6%  0.6%  0.8%  2.0%  0.3%  19.5%
13-4年  7.1%  4.7%  1.4%  1.6%  0.9%  0.5%  1.8%  0.5%  18.3%

技/一本
    裸絞 ギロチン 三角  肩固  腕絡  足関 十字 その他
01-2年 13.7% 13.7% 13.7%  7.8%  2.0%  3.9% 37.3%  7.8%
03-4年 20.7% 12.1%  6.9%  8.6%  8.6%  5.2% 31.0%  6.9%
05-6年 29.5% 13.1% 13.1%  2.5%  8.2%  8.2% 23.0%  2.5%
07-8年 35.7% 19.6%  9.8%  4.5%  4.5%  5.4% 19.6%  0.9%
09-0年 26.9% 31.7% 11.5%  6.7%  5.8%  5.8% 11.5%  0.0%
11-2年 42.4% 27.2%  8.0%  3.2%  3.2%  4.0% 10.4%  1.6%
13-4年 38.5% 25.5%  7.5%  8.7%  5.0%  2.5%  9.9%  2.5%

サンプル数が少ないかもしれませんが、やはり十字は減っていますね。
かつては1大会で一度は見られていたのに、今は5大会に一度程度でしょうか。
またサブミッション=十字と言っていい時代もありましたが、今は裸絞め系と続くギロチン系にかなり離されてしまっています。

データはWikipediasherdogより(ファイトパスならサクッと調べられるんじゃないかという気も)。
自分の集計ミスがある可能性が大であること、
UFCとPRIDE以外も集計すべきだと思いつつサボったこと、
そもそも技の分類が妥当かどうか不安ということをお断りしておきます。