INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています 

自分の体を傷つけて、政治的アピールをした例について

2006年。

 在日本朝鮮人総連合会朝鮮総連)に切断した小指と脅迫文が入った封筒が送られた事件で、警視庁組織犯罪対策3課などは2日、脅迫容疑で指定暴力団小桜一家系組員で右翼団体幹部福元善隆容疑者(27)を逮捕した。
 福元容疑者は「自分で(右手の小指を)切って郵送した」と容疑を認めているという。

1993年

翌年の1993年10月20日、東京・築地の朝日新聞東京本社を、社長・中江利忠に謝罪させるために訪れ、中江ら首脳と話し合いの後「天皇弥栄(すめらみこと いやさか)」(=天皇陛下万歳)と三度言い残し、拳銃自殺した。58歳没。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%87%8E%E6%9D%91%E7%A7%8B%E4%BB%8B

 
1979年

1979年(昭和54年)5月25日、最後の活動として元号法制化を訴え大東農場にて割腹の後、散弾銃により自決。68歳没。その際に「一死似て元号法制化の実現を熱祷しまつる」と書かれた遺書を残していた[1]。その後、元号法は可決された。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BD%B1%E5%B1%B1%E6%AD%A3%E6%B2%BB

三島由紀夫はおなじみなので略そう。

中日新聞:新宿駅前で焼身自殺図る 集団的自衛権反対を主張:社会(CHUNICHI Web) http://www.chunichi.co.jp/s/article/2014062990201443.html

という話を聞いて、上のような例を思い出しました。

野村氏の自殺については
http://www.asahi.com/articles/ASG256WMVG25UCVL016.html
という論評があったな。

 人間が自らの死をささげることができるのは、神に対してのみである。そして、もしもそれが本当に正しくささげられれば、それ以上の奉納はありえない。それは絶対の祭りとも言ふべきものである。

 野村秋介氏が二十年前、朝日新聞東京本社で自裁をとげたとき、彼は決して朝日新聞のために死んだりしたのではなかつた。彼らほど、人の死を受け取る資格に欠けた人々はゐない。人間が自らの命をもつて神と対話することができるなどといふことを露ほども信じてゐない連中の目の前で、野村秋介は神にその死をささげたのである。