INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています/※場合により、語る対象の「ネタバレ」も在ります。ご了承ください 

「格中」ブログがUFC171を斬る〜ジョニヘン戴冠、コンディット負傷敗退

http://kakuchu.blogspot.jp/2014/03/ufc171part1vs.html
「ビッグ・リッグ」ジョニー・ヘンドリクス、彼はかつてウェルター級の覇者であった「ラッシュ」ジョルジュ・サンピエールと対戦し、詰めの甘さからその王座を逃した。その時に彼は言った、自分が勝っていた、二人の顔を見ればわかるだろう?と。ラッシュの顔面は赤く無残に腫れあがり、そしてビッグ・リッグの顔面は綺麗なままだった。

そしてGSPが王座を返上して金網を去った。この試合は彼の後に王座に座す者を決める試合だった。ブルース・バッファーが勝者の名前をコールし、レフェリーがその腕を上げた次代の王者は、見るも無残に顔面を腫らしていた。どちらが勝者か、顔を見ればわかっただろうか?

http://kakuchu.blogspot.jp/2014/03/ufc171-part2vs.html
翼を折られた鳥は、クルクルと回りながら落ちていった。大地に堕ちて羽をばたつかせるその姿は、目を背けたくなるほどに痛々しかった。勝敗などどうでもいい、私はその鳥が二度と空を飛べなくなることを恐れていた。
(略)
試合から数日後、私は見出しにtorn ACLという文字を見た。その横には彫りの深い男の写真が載っていた。