INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています 

堀口恭司のUFC第二戦を、ブロガーはこう報じた。

格闘技徒然草

★UFN40:第6試合・堀口恭司 vs. ダレル・モンタギュー
http://d.hatena.ne.jp/lutalivre/20140511/1399769934

堀口の右ミドルが効いた!露骨に嫌がってる。出て行くモンタギューだがパンチが入る。さらに右ミドル!効いてる。ホーンと同時にふらついて座り込むモンタギュー。KO寸前だった。
(略)
3Rのパウンドでやや攻め疲れしたせいでKOできなかったのと、1R微妙な内容だったのでもっとしっかり取りに行って欲しかったが、2R以降は危なげない内容。これでランキング入りは確実に。

OMASUKI FIGHT

親分の敵討ち! マイティマウスの首をとれ【堀口快勝】
http://omasuki.blog122.fc2.com/blog-entry-1594.html
…剣術の達人のように、両者が遠い間合いから一気に接近し、交差した瞬間に刀がきらりと光り、両者が離れた後、どちらがばったりと倒れるのかわからない・・・そんな緊迫感がずっと継続した試合だった。打撃の統計が表示されなかったこともあって、1Rあたりはジャッジがどう見ているのか心配だったけれど、2Rには堀口があきらかにモンタギューを右へ左へと翻弄、なんだかアメリカそのものをいたぶってくれているかのようなカタルシスも感じさせてくれた。
 
堀口のこの戦い方が、これまでのUFCに見られなかった、オリジナルなスタイルを見せてくれているように思えることが誇らしい。その自分のスタイルをすっかり相手に押しつけているところも好ましい。

MMA The Orange

UFC】堀口×モンタギュー試合結果!
http://blog.livedoor.jp/suck_me_disco/archives/51941652.html

1Rは間合いを掴み切れず、得意の打撃をヒットさせられない堀口。逆にテイクダウンを奪われて不穏な空気が流れます。
しかし、2Rで流れが一変。…(略)主導権を渡さず3-0の判定でUFC2連勝を飾りました。

1R終了時は嫌な予感がしましたが、一気に流れを引き寄せた打撃はさすが。UFCでも充分に通用する事を改めて証明してくれました。

格中

UFC fight night Brown vs Silva 感想と分析part1 堀口vsモンタギュー
http://kakuchu.blogspot.jp/2014/05/ufc-fight-night-brown-vs-silva-part1-vs.html

モンタギューの目は虚ろだった。ブザーと同時にモンタギューは前かがみになり、泥酔したような足取りで帰還しようとする。彼は辛うじて金網まで辿り着くと、その目は何かを探すように宙を彷徨い、そしてそのまま崩れ落ちるようにしゃがみ込んでしまった…(略)
全ては毒蜂のせいだ。金網の中を高速で飛び回る毒蜂が、モンタギューに残忍な針を突き立てたのだ。狂い飛ぶその蜂は何度も何度も針を突き刺し、モンタギューの体に猛毒を送り込んだ。モンタギューの体はその猛毒に悲鳴を上げ、ほぼ自由を失いかけていたのだ。

「KRAZY BEE」の麒麟児、堀口恭司…(略)


ここにこそっと

堀口恭司、みごと連勝。「ニンジャステップ」で相手を翻弄 - 見えない道場本舗
http://d.hatena.ne.jp/gryphon/20140513/p1

を紛れ込ませて、おしごとは完了。