INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています/※場合により、語る対象の「ネタバレ」も在ります。ご了承ください 

2月1日に書いたSF小説再紹介…これ、別に根拠があって書いたわけじゃないよ!

こういう状況になったので、一応再紹介しますが…

STAP細胞の意義と今後の展望を、小説仕立てで分かりやすく解説します

http://d.hatena.ne.jp/gryphon/20140201/p1

「よかろう、教えてやろう!!このSTAP細胞は、瞬間に増殖、変形し、本来のその生物の特徴を残しながら融合する!!そして、わたしを『科学を愚弄する』と称して追放した学会……そして愚かなる人類への、復讐と破滅をもたらすのだ!!!!
(略)
「そうだ、STAPの意味を本当の意味をまだ教えていなかったな。
           STAPとは・・・すなわち『SaTAn Power』の略じゃい!!!」
(略)
しかし!!!
この光景を、まばたきもせずにテレビで眺めていた
男がいた!!
「ついに恐れていたことが起きてしまったか……私はこの日が来ることを、根拠は無いが予測していた!!」
iPS細胞の研究者、山中伸弥博士である!!! -

「STAPとiPs…陰と陽、裏と表…。影と光…。ワトソンとクリック…。やはり、二重螺旋のように、ふたつは重なり合い、時には分離し……ついには闘う宿命(さだめ)なのか!!」
(略)
「じょ、女王陛下からの直々の勅命です…今回は、これを確認して終わりたい。
『わが国は、ジャパンのヤマナカと共同歩調をとり、協力する。その応援人員は、ヤマナカが直々に希望した、1名とする』…そして、その人物名は、この文書とは別に口頭で述べます」
その人名に、円卓の騎士の末裔たちは戦慄した。

一応、念押ししておきます。
これを書いたとき、自分はSTAP細胞の研究における諸問題について、まったく疑いとかを持ってたわけじゃありません。単にノリで書いただけです。先駆的でも何でもありません!!!
つうか、まさかこうなるとは思って無かったよ。