INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています 

IGFのMMAは、大晦日以降も流れが”つながる”のだろうか?それならこのカードを…

http://efight.jp/news-20140116_27207
1月16日(木)東京・大塚の角海老宝石ボクシングジムにて、ボクシング日本ヘビー級王者・藤本京太郎角海老宝石)とIGF王者・石井慧(ブラック・ハウス/レインMMA)が公開スパーリングを行った。
(略)
ヘビー級ならではの激しいパンチが交換された。
 スパーリングを終えた石井は「自信になった部分はありません。ジャブをもっと出して、リズムの中でパンチを出したかった」と猛省。次戦については「IGFの防衛戦でミルコ・クロコップとやりたい」とコメントした。

新・柔道王を、魔性の左ハイキックが襲う!!
クロアチアターミネーター、再び頂点へ!

・・・・・・・・・・・・・・・もりあ
がって
まいり
ました。


ただ、クロコップもいい??けど、IGFという同じ場で、ブレット・ロジャースを一蹴したフィリップ・デ・フライ
彼って、石井慧に勝てるやろか?言い換えれば、石井はフライに勝てるやろか?


このへんで戦ってくれたほうが、残念ながら親指を立てながら溶鉱炉に入っていった感もあるクロアチアターミネーター(失礼な)より、今現在では興味がある。
連勝でのUFC参戦は、藤田和之戦の内容があまりよくなかったことでやっぱり無理かしらね。

そして青木真也vsラマザン・エセンバエフ !!これは順当っしょ?次回で熱望

青木真也IGF参戦が一回限り、というかIGFMMA自体がこの後やるかどうかわからないのであまりそういう発想は無かったが…もし石井の希望通りにこのあと、石井の防衛戦を軸にしてIGFMMA戦があるなら、この試合が見たくなって当然だ。
北岡とラマザンでは相性の問題(特にリーチ)があったが、青木だったら? たぶん優位に進むと思うのだが、ロシア圏のファイターは底が見えないのでね。


まあIGFが2014年にMMA戦を含んだ興行をやるという保証自体がまったくないのだが、石井のひとことから妄想して。