INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています/※場合により、語る対象の「ネタバレ」も在ります。ご了承ください 

本日は三谷幸喜のワンカット・ワンシーンドラマ「大空港2013」も放送

http://www.wowow.co.jp/dramaw/daikuko/

三谷幸喜脚本・監督による、“完全ワンシーンワンカット”撮影のドラマが帰ってくる!……(略)今作の舞台は“地方空港”。天候不良で空港に降り立った家族に起こるトラブルが、やがて大騒動に発展していく群像コメディだ。
NGが許されない難作に、ベテランから若手まで彩り豊かな面々が集結した
(略)
前作を超えるスケールと撮影の難易度、
一度もカットがないという“NG”が許されない極限の緊張感の中、
登場人物たちが空港内を縦横無尽に走り回るという、
ハラハラ感・ドキドキ感に満ちた大作だ。

帰省先の佐賀から東京に戻る途中だった田野倉一家は、天候不良で羽田空港への着陸ができなったため長野の松本空港に降り立つ。上司の村木(甲本雅裕)からのプロポーズをどう断わろうかと気に病んでいた空港職員の大河内千草(竹内結子)は、乗客のアテンドをすることに。大河内の案内で、弁護士の守男(香川照之)ら田野倉家の6人はレストランを目指すが、守男の義父・清正(綾田俊樹)のみが待ち合いロビーに残ると言い張る。
レストランの順番を待つ間、守男は同じ飛行機に乗っていた訳ありげな女・百合子(戸田恵梨香)と話をするため、家族に隠れて大河内に部屋を用意させる。一方、守男の妻・美代子(神野三鈴)は偶然会ったパイロット姿の男・国木田(オダギリジョー)が幼なじみだと気づき、運命の再会に心ときめく。そのころ、美代子の兄でルポライターの蔵之介(生瀬勝久)は、守男への何度目かの金の無心を画策していた。

ワンシーンワンカットなら、要は舞台じゃん。
ドラマや映画と舞台を別のものにした「20世紀の魔法」を手放す意味はあるのか?
と思うのだが、まあ逆にそれが一般化した今、敢えてクラシックな、時代を遡る手法をすると逆にエッと人目を惹くのも事実。

さて、どんな作品になるか。
清洲会議」は正直、自分の期待が高すぎて、その期待を超えるにはいたらなかった。