INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています 

佐伯繁「決断した」/VTJ「超ド級カード」説…”6月金網戦争”が水面下で熱い!?韓国団体含む”三国志”化か

http://deep2001.com/blog/archives/419
決断
Filed under: ― Sigeru Saeki @ 16:45:39
13年目のDEEPにとって大きな決断をした。5月中には発表する

 

http://www.deep2001.com/blog2/?p=6834
また、大変になります。
というか、超大変になります。
でも、佐伯繁がやらないと誰がやるんだ?ってことなので
ぜひ頑張ってもらいましょう。
近日中に発表に・・(後略)

WILD SIDEの補足が無かったら「ネガティブな方向に大きな決断」(ぶっちゃけ、店じまいとか)じゃないかと心配するところ(公武堂TVのせい)だが、その補足のおかげでポジティブな方向の決断らしいと分かる。
DEEPの「大きな決断」で素人的に思うのは「(アマも含め?)全大会の金網、肘有り・・・ユニファイドルール化」という案がときどき佐伯氏本人からも可能性として語られていたこと・・・6月、後楽園ホールで金網興行が物理的にできるようになったこともひとつの前身だ。
そうすると、修斗の一部で、やはりアマも含めた金網、パウンド化という「日本国MMA改造法案大綱」を掲げる一派がいることも気になり・・・
http://d.hatena.ne.jp/gryphon/20130423/p1
(孫引き。誰が言ってるかはリンク先で)

・・・僕は、MMAで世界最強を目指すなら、アマチュアからパウンド有りで練習し、パウンド有りの試合に出た方が良いと…そろそろ日本の中心東京に、かつての CAGE FORCE の様な北米ルールに則った団体が生まれ、それにリンクしたアマチュア大会が出来ても良いのでは無いでしょうか?

まあ証拠なき妄想。
あるいは「DREAMを全面的に引き継ぐ」とか(笑)。
いやこれ「超大変。でも、佐伯繁がやらないと誰がやる」とは整合しているしさ・・・

そしてDEEP CAGE in kourakuen 、カードが追加、参戦選手も増ですよ。
http://www.deep2001.com/blog2/?p=6835

横田一則(フリー) VS キム・ウンギョム(CMA KOREA) 
チェ・ドゥホ、キム・ドンヒョンハン・スーファン、イム・ヒョング、パーキー、ジョン・チャンソン、カン・ギョホを輩出したCMAKOREAが大絶賛する未知のコリアンファイターが現王者横田に挑む。過去にハン・スーファンにKO負けを喫しているだけに横田にとっては嫌な相手である。

キム・ウンギョム 所属:CMA KOREA 出身:韓国 身長・体重:176cm・65kg
ムエタイ 6戦5勝1分、KOG (King Of Grappling) -68kg優勝
ROAD FC、グラディエーターなどMMA戦績20戦18勝2敗

誠悟(TEAM東京CLUTCH) VS キム・ジョンワン(CMA KOREA) 
日韓メガトン対決が再び実現!昨年のGRABAKA興行で山本宜久をKOしたキム・ジョンワンの剛腕は危険だ。
   
ビッグボディ(ボンサイキン肉星)  井上俊介(シュクラン)   中倉三四郎(フリー)

ビッグボディの相手はぜひトラヴィス・フルトンを!と思う今日この頃。

VTJ2は何も出来ずに押されっぱなし、と思っていたら・・・デンジャラスK北岡悟)が独自リポート

北岡悟(Satoru Kitaoka)
‏@lotuskitaoka
VTJ2凄いカードの噂聞いた…それは見たいわ…

いや、「うわさ」で、そもそも正式カード発表が無いのには競技的にどうなのよ、なんだけれども。個人的には「ネタが無いときに『まだVTJ2のカードが決まりませんねえニヤニヤ』という記事を書けるな」と考え始めていたり(笑)。

しかし、twitter上で格闘技雑誌の記者や編集長以上にばんばん格闘技界のスクープを連発してしまう「デンジャラスK」が「これは見たい」「すごいカード」と言われたらなあ・・・そりゃゴクリ、とつばを飲み込んで、緊張感を持って見守りたくなるところだ。
しかし修斗、いやVTJはいまざっと脳内で考える限り、どんなカードを隠し持っているんだろう。堀口恭司がらみか?大沢ケンジがらみか?あるいはこの二人の対決か・・・・?
こっちの「すごいカード」も想像がつかない。

しかし韓国RoadFCが「論より証拠」で”DREAM級”選手をつぎつぎに招聘実現

だがこっちも書くと長くなるので、
これは明日以降の記事材料としてとっておきます。