INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています 

米政府「請願コーナー」への「デススター建造を」への回答〜国家の「ジョーク力」再再考。

こちらは概要が分かる2chまとめ

デス・スター建造費用は7580京円 高すぎて米政府が建造却下へ
http://blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/1746451.html

こちらはその米国政府の回答、原文を詳しく翻訳したtogetter。
こちらのほうが読み応えある。ていうかパロディを盛り込みすぎていることが判明(笑)

デス・スター建設請願へのオバマ政権回答
http://togetter.com/li/437833

ネット上では既に話題だから記事にすることもないかなー、と覆ったけど、一度提案のときに紹介した縁もあるのでね、オチも紹介しないと。

ただし自分はもっと大きく?「国家(とか真面目な組織)の『ジョーク力』」というテーマに広げて、いろいろと考え続けている。
だからこのテーマについて書くのは初めてではない。

■「国家のジョーク力」再考…米国政府の「署名を集めれば政策を検討します」サイトが大喜利になってしまったでござる、の話。
http://d.hatena.ne.jp/gryphon/20121224/p7

もし興味がある方は、この日記内を「ジョーク力」で検索した結果を見てもらいたい。

その中からひとつお題を。
今回のですスターに関するアメリカ政府の回答に
「シャレが分かる!粋だ!かっこいい」と絶賛のかたは
こちらに関しては何点をつける?

石破茂防衛相、UFO問題に発言。「法」部分でリアルなSFを作るには
http://d.hatena.ne.jp/gryphon/20071221/p4


(記録)日刊ゲンダイ

UFO論争 世界中から軽蔑され笑われているこの国の大臣たち (ゲンダイネット)
 この国の大臣はよほどヒマなのか。「UFO論争」がヒートアップしている。発端はUFOに関する野党議員の質問主意書。政府は18日の閣議で「UFOの存在を確認していない」とまじめに答弁書を出した。

 バカバカしい質問なのだから、答弁書を提出してオシマイにすればいい話。ところが、答弁書で否定しながら、町村官房長官が18日「個人的には絶対いると思っている」などと調子こいて発言。20日には石破防衛大臣が待ってましたと、「ゴジラがやってきたら災害派遣だが、UFO襲来だとどうか」とUFO論争に参戦。さらに21日、渡海文科相が「いるんじゃないかと思う」と加わった。

 この世にUFOなど存在するはずがないのに、どうなっているのか、この内閣は――。米空軍がコロラド大教授に調査依頼し「UFOが地球外から来たという説には、なんの証拠も認められない」という報告がされたのは有名。英国防省も同様の報告書を発表している。

 そもそも物理学的にみても、光のスピードで何億年もかかるはるかかなたの惑星から生物がやって来られるはずがない。その程度の知識もないのだろうか。

「さすがに自民党の二階総務会長が『UFO論議はいい加減にした方がいい。政治には他に対応しなければいけないことがたくさんある』と苦言を呈したが、その通りです。防衛汚職年金問題、薬害肝炎……と失政がつづき支持率が下落しているため、国民の目先を変えようという魂胆かもしれないが、国民を愚弄しています。それとも現実逃避したいのか。あまりにレベルが低い。世界の笑いものですよ」(九大名誉教授・斎藤文男氏)

 こんな閣僚たちは、遠い惑星へUFOに連れて行ってもらったほうがいい。

【2007年12月22日掲載記事】