INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています 

「地下格闘技と裏社会」一般メディアが相次いで取り上げる

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121103-00000512-san-soci

暴力団なんかメじゃない 「西の半グレ」ミナミを蠢く
産経新聞 11月3日(土)12時8分配信

 「おい、こら!」。きらびやかなネオンに彩られた大阪・ミナミの駐車場に野太い声が響き、10人近くの屈強な男たちが数人の男を取り囲んで一方的に殴り続けた。マチュア格闘技団体「強者(つわもの)」(大阪市浪速区)の関係者とみられる男が今年6月、男性会社員ら4人の顔などを殴りつけ、重軽傷を負わせたとして大阪府警南署に逮捕・・・。
(略)

■社長は関与を否定

 「ミナミで暴行事件を起こしている男たちの中には、過去に強者の大会に出場していた人間もいるが、今は全く関わりがない。強者をかたっているだけだ

 今回の事件を受け、強者を主催するイベント会社の男性社長(35)は事件との関わりを強硬に否定し、こう続ける。

 「警察から『強者の関係者が路上でトラブルを起こしている』と指摘されて調べてみると、実際には強者とは無関係だったということが複数回あった。強者のロゴ入りTシャツはインターネットの通販でも簡単に購入することができる。酒井容疑者も関係がない。半グレが強者の名前を利用しているだけだ」と強調する。

 だが、酒井容疑者が代表を務める会社は、このイベント会社がある浪速区内の同じビルに入居している。府警の捜査員は「客観的に無関係とは言い難い」として、強者の実態解明に乗り出す方針を固めている。

(略)・・・昨年12月、福岡県警は、福岡県大野城市で開催予定だった格闘技イベントに対し、組員が運営に関与しているとして直前に中止を求めている。

 社長によると、社長自身、過去に格闘技に取り組んでおり、強者を立ち上げたのは、格闘技を通してけんかに明け暮れている若者を更生する目的もあったという。「今回の事件は格闘技の練習に励む若者の夢や希望を打ち砕くもので、残念でならない」。

これに先立ち、週刊現代でも

http://wgen.kodansha.ne.jp/sp/article/detail.php?id=6356&s=xdgasbjdnpnomq

潜入ルポ 地下格闘技の真剣勝負
2012/10/15

半グレのビッグマネーがここで動いている


腕自慢のワル達が集まり、「最強」を決める―そんな格闘技のイベントが、日本全土で密かに開催されている。暴力か、競技か。東京・有明で開催された日本最大級の"ワルの宴"に潜入した。

ワル日本一が決まる

「ブっ殺せ!!」
「早くキメろよ!!」

記事の続きを読むにはログイン処理が必要です。

残念ながら、この記事はネット上では有料です。
前田日明の談話も入っていた(アウトサイダーは念入りに無関係であることを確認していることと、安全性の配慮をしていることを強調、他の問題団体に警鐘を鳴らしている)

やな法律論

週刊現代の、付随した「半グレ特集」より。
・半グレはしばしば凶器に子供用の金属バットを使う。
「扱いやすく、車に入れていても『草野球用』『バッティングセンター用のマイバット』と言い訳が効くから。またみんなが同じ凶器で一斉に殴りかかれば、だれが致命傷を負わせたかが曖昧になる」
・・・・やな法律論だ・・・・・・・。