INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています 

アンデウソン磐石、ノゲイラ復活、デミアン再浮上・・・ブラジル大会はブラジルのために。

てなわけでWOWOW放送を視聴。
アンデウソンの「ボディ膝蹴りで一発悶絶」も凄かったし、個人的に好きなデミアン・マイアのフェースロック一本勝ちもさすがだったが(岡見の難敵となるかと思ったが、現在はウェルター級だ、やれやれ・・・ならばニック・ディアスと戦っても面白そうだ)、ノゲイラ復活劇も嬉しかった。
相手のデイブ・ハーマンといえば戦極でお馴染みの「元エアファイター(まったくコーチなし、し、見よう見まねだけでプロになって勝ち続けた)」で、才能はとんでもないがUFCではなかなか勝ちきれないファイターでもあった。
でもノゲイラが負傷や長年の戦いで衰えていたら、足元をすくわれる可能性はある。そんな微妙とも絶妙ともいえるマッチメークで、最後に腕十字を極めての勝利・・・。
といいつつ、実はその前に相手に逃げられるシーンや、テイクダウンを奪われるシーンにこそ「ああ、ノゲイラ衰えたるや?」という思いもあった。
だが、たとえば王者挑戦まではいかなくても(もっとも今は門下生が王者なんだけどさ)、こういう形で中堅以上の地位をキープするノゲイラ、そしてこの前の試合と同じく「いや、そこはパウンドし続けたほうがよくね?」という場面で関節を取りにいくノゲイラ(笑)。

それらが懐かしく、うれしかった。