【トンガ噴火お見舞】INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています/※場合により、語る対象の「ネタバレ」も在ります。ご了承ください 

K-1石井直系「ライツコム」も破産…”第三者”の猛攻と「K-1過去映像が見られなくなる日」。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120815-00010000-teikokudb-ind

元・総合格闘技K−1」運営企業が破産
帝国データバンク 8月15日(水)11時54分配信
 (株)ライツコム(旧・(株)K−1、TDB企業コード987530862、資本金3000万円、東京都渋谷区恵比寿2-28-10、代表石井俊治氏)は、7月30日に東京地裁へ自己破産を申請していたが、8月8日に同地裁より破産手続き開始決定を受けた。 
 
 破産管財人は窪田英一郎弁護士(※住所と電話は(略))。債権届け出期間は9月12日までで、財産状況報告集会期日は10月30日午後1時30分。

 当社は、1996年(平成8年)2月に設立。「空手」「キックボクシング」などを合わせた総合格闘技として93年からイベントが開始された「K−1」の運営を手がけ、数多くの人気格闘家を生み出した。

 そうしたなか、創始者である代表の石井和義氏(当時)が2003年2月に法人税法違反容疑で東京地検特捜部に逮捕される事態が発生。取引先との関係を継続するため、当社などが保有していた「K−1」に関するイベント興行権を2003年9月に設立した新会社(株)FEG(同所、代表谷川貞治氏)に引き継ぎ、以後は「K−1」の商標権管理など一部業務を手がけていた

 しかし、(株)FEGは、スポンサー収入が減少するなか、ファン離れも進み資金繰りが悪化。今年3月14日に第三者から東京地裁へ破産を申し立てられ、5月7日に破産手続き開始決定を受けていた

 負債は現在調査中。
 
 なお、現在「K−1」の企画・主催・制作運営は香港のK−1グローバルホールディングスが行っている。

非常にあたまのいいことに、I氏の周辺はFEGK-1を任せつつ、商標の権利を自分で持ち、その「使用料」を毎回FEGから徴収する、という仕組みをとっていた、らしい。
これ最強だよな。
しかし、その収入もたたれてはやむをえないのだろうか。

そこで質問。ここで破産を申し立てた「第三者」ってだれだろう?
誰だろう、って聞くまでもないかもしれないが、あえて確認したい。
そして、K-1の過去の映像は、最終的にはどこに権利が行くのだろう・・・
タイトルには、「K-1過去映像が見られなくなる日」とうたったが、とゆーかすでに見られない状態が生まれているんとちがうか。もしそうでないのなら、全日本プロレス新日本プロレスのように、サムライTVやフジテレビCSで「K-1クラシック」を放送してほしいのだが。