INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています 

ジョシュ・バーネット、ブレットロジャースについてtwitterで語る。

http://twitter.com/#!/JoshLBarnett

For any who think I "trained" Bret before he fought Fedor I did not. He was in town and came by CSW. We trained together 1x.
But Brett's a good guy and there was no reason to treat him like the enemy. And 1 workout of us sparring is not me teachig him 2 beat Fedor
As for my recent comment on whether I'd fight to the death or not...if you know me then you know I meant it.

No matter if it's UFC, Strikeforce, M-1, K-1 whatever...I am totally for the "Fight for The Troops" angle. They deserve us to "fight" 4 them
 
===========
 
ヒョードル戦前にブレット・ロジャースと僕が一緒に練習したという人がいるようだけど、それはなかったね。
 
一度だけCSWにブレットが来て、一緒に練習したことはあったかな。いい奴だし、闘うからといって彼を親の仇みたいに思う必要はないさ。スパーリングもしたけど、ヒョードル対策を授けるといったものじゃない。
 
でも、僕が最近コメントしたように僕は「生か死か」の戦いを見せたい。今回僕の試合を初めて見る、という人はそれを知ることになるだろうさ。
 
UFCだろうとストライクフォースだろうとM-1だろうとK-1だろうと…自分の試合も全てが"Fight for The Troops(※「軍隊の為の」は、この前のUFNにつけられた副題。同大会は軍と軍人医療施設のためのチャリティ大会だった)" なんだ。そう、わが国の軍人は、そういう闘いを捧げられるに値するんだ 

途中4箇所ほど意味が通じないところがあった。正反対になってるところもあるかもしれないねえ。彼の英語はくだけているのか、結構難しい。あとtwitterは前後のつながりがあるのか無いか微妙だし。