INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています 

Gスピリッツは「ブルーザー・ブロディ」特集。

ブルーザー・ブロディ 栄光と反逆の軌跡」
こういう表紙だと、書店でついふらふらと財布を開けて、ついお札を取り出してしまうねえ。

後者はぼくが(勝手に)作った。
 

ブロディがモデルにしたキング・イヤウケア氏が逝去。

http://www.nikkansports.com/battle/news/p-bt-tp0-20101207-710965.html

力道山と名勝負イヤウケアさん死去 73歳
 
 力道山らと名勝負を繰り広げた元プロレスラーのキング・イヤウケアさんが4日、米ハワイの自宅で死去した。73歳だった。死因は未公表。(デーブ・レイブル通信員)


「列伝」では「ユーこそかわれブロディ!これはタッグ・マッチだぞ!」「勝ってもイヤウケアは大ムクレ!」で有名だが(※俺基準)、実際はブロディがこのツアーでイヤウケアのスタイルに大きな感銘を受け、そこから入場の際に観客席を蹴散らすパフォーマンスなどを盗んだのは有名な話。

晩年は故郷のハワイで貸しボート屋を経営していたというから、観光客で会ったという人も沢山いるんじゃないかな。

今、資料をあたったらウィキペディアの「キング・イヤウケア」

1987年にマネージャーとして復帰。WWFではザ・ウィザードを名乗ってカマラやシカといった野獣系の怪奇派レスラーをコントロールした。1990年代はWCWにてケビン・サリバンの「父親」としてダンジョン・オブ・ドゥームなる妖怪軍団を結成。配下にはカマラ、ザ・シャーク(ジョン・テンタ)、ゾディアック(エドレスリー)、ザ・ジャイアント(ポール・ワイト)らがいた。

おお、僕はこの80年代後半〜90年代初頭の怪奇レスラーが大変好きだった。どこかで、彼とは気づかず見ていたんだなあ。