INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています/※場合により、語る対象の「ネタバレ」も在ります。ご了承ください 

「創」の今後は?

今日は、書き漏らしていた最近のトピックを消化できる

http://www.tsukuru.co.jp/tsukuru_blog/2010/03/post-108.html

『創』廃刊というガセ情報が流れているようなのでご注意下さい。
2010年3月 1日 16:02 創 |


困ったものです。読者が心配して知らせてきたのですが、『創』廃刊というガセ情報が流れているようです。『創』次号は予定通り3月6日に発売されますのでご安心下さい。単行本を何冊か出す予定もあり次号は合併号にしてしまうのですが、今のところ廃刊という予定はありません。ただ、このまま出版不況が深刻化すると、『創』も合併号を増やしていくとか対応を検討せざるをえず、そういう大変な状況であることは、その次号に書いています。ぜひご覧ください。そしてこういう状況で、言論やジャーナリズムが衰退していくことをどうするのか一緒に考えてほしいと思います。
月刊『創』編集長・篠田博之

「廃刊へ」と書いた人で私が知っているのは、やはり日垣隆氏のツイッターtwitter)だ。
2月末ごろのつぶやきですね
http://twitter.com/hga02104/status/9759381936

【月刊「創」廃刊へ】『怒りを正しく晴らすのは疲れるけれど』で私が書いたことを捏造呼ばわりし、郵便配達証明や恐喝までしておきながら、私の事実誤認ひとつもなかったことを認め、完全白旗あげて・・・・

この本か。街金に手を出したとか、そういうくだりもあったな。

怒りは正しく晴らすと疲れるけれど

怒りは正しく晴らすと疲れるけれど


あとこっちもあった。
有田芳生
http://twitter.com/aritayoshifu/status/10049239806

篠田博之編集長の〈「創」を読んで頂いている読者の皆さまへ〉(4・5月号)を読む。体力的な無理、出版不況による財政難のため、隔月刊あるいは休刊の方向。多くの意見を聞き結論を出すという。30年も発行していれば意思とは別に体力問題が出てくるのはわかる・・・


まずは「皆様へ」読んでみないと。

それにしても、このブログは6年やっているのだが、1年ほど前もやめたとはいえ、あの間「貴重な時代の記録になるから」と、雑誌の毎月の目次を転載していた。そのとき選んでいた雑誌って格闘技雑誌を除くと「諸君!」「論座「創」なんだよ!!われながらすげえ(笑)。