INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています 

21日「TUF」の先行放送。キンボの日本初登場も、ランペイジの傍若無人も楽しみだ


NHBニュース( http://blog.livedoor.jp/nhbnews/ )に転載、まとめた記事を適宜短縮して。

=================
■(UFC110の)1時間前に、TUF先行放送
4 /5(月)スタート [二] 毎週月曜深夜帯 ※2/21(日)第1話先行無料放送
#1 デカさが重要  2/21(日)午後5:00


 ・・・16名のヘビー級ファイターが2チームに分かれて、対抗戦を行う今シーズンの最大の見どころは、両チームのコーチを務めるラシャード・エバンスとクイントン“ランペイジ”ジャクソンの激しい舌戦。本家UFCでも因縁深いライバル同士の二人は、シーズンを通してことあるごとに衝突。UFC社長デイナ・ホワイトも二人の激しい敵対心が今シーズンの見どころと太鼓判を押す。
 (略)
 その他、ヘビー級対決となる今シーズンには、元NFL選手や、他の格闘技団体の元王者、さらにはストリート・ファイトの映像がYOU TUBEで話題を呼び、全米で爆発的人気となった選手など、強烈な個性の強者達がUFCとの正式契約を目指して真剣勝負を繰り広げる。

でさ、ここでコーチ役の声を当てる声優って有名なんだって。

<声優プロフィール>

その最大の見どころをさらにパワーアップさせるため、両コーチの吹替えに、スペシャルな声優を起用。どちらかというとクールにランペイジの言いがかりを受け流すエバンスには、ニコラス・ケイジの他に、沈黙シリーズでおなじみスティーヴン・セガールの吹替えを担当する大塚明夫氏。猪突猛進タイプで、いつもトラブルの原因を作る“ランペイジ”には、シュワルツェネッガーランボーシリーズのシルヴェスター・スタローンといった肉体派俳優の吹替えの第一人者の玄田哲章氏。セガールシュワルツェネッガーというスペシャルな対決が、本シーズンで実現する!?

大塚明夫(おおつかあきお)
スティーヴン・セガールアントニオ・バンデラスニコラス・ケイジといったメジャーな俳優の吹き替えを担当。
[主な作品]「沈黙」シリーズ「スパイキッズ」シリーズ『ザ・ロック』ほか

玄田哲章(げんだてっしょう)
シルヴェスター・スタローンアーノルド・シュワルツェネッガーといった鍛え抜かれた体を持つ俳優の吹き替えが多い。
[主な作品]「ターミネーター」シリーズ『プレデター』『クリフ・ハンガー』ほか

気にしたことなかったけど、要は玄田って人が「えいどりあーん」と叫んだってことかね。


http://blog.livedoor.jp/mma_com/archives/794689.html
経由で、TUF声優の話が
http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000275.000001355.html

――格闘技はお好きですか?

玄田 僕はもともとプロレスが好きで、よく会場に行って、声が枯れるほど応援してましたね(苦笑)。


――今回の第1話でも、試合シーンでランペイジが自分のチームの選手に指示や声援を大声で送り続けるシーンがあって、本当に試合場で叫んでるみたいに感情がこもってるなあと感じましたが、やはりお好きだったんですね(笑)。

玄田 ええ、もう仕事だと忘れるくらい入れ込んで叫んでましたから、終わったら疲れちゃいましたねえ(苦笑)。


――大塚さんは?

大塚 総合格闘技ではミルコ・クロコップが大好きですね。僕も学生時代に空手をやってたんですけど、ミルコのあの居合抜きのようなハイキックは、本当に凄いですよね。

理解のある声優さんでよかったですわ。

で、、まずは再度再度の再紹介。2004年の文章。

キンボ・スライスがネットと紙を含め、日本語で初登場した文章(と断言していいだろう)
http://hinerin.blogspot.com/2004/11/mma.html
■英語MMAネット界を乗っ取った戦い

・・・・最初に話題になったのは黒人ストリートファイターキンボ・スライスの このV。
(※転載もとの文章ではリンクがあった)
見れば分かるよーに、(双方の仲間達によって仲介された)裏庭ベアナックルファイト。ひげもじゃの方のキンボが、相手を何度もぶちのめしている。よく知らんがこのキンボは、賞金をかけてこの種の試合?によく出かけてゆくとか。で、これがなかなか見事なぶちのめしぶりなので、「キンボはタンクより強いんじゃないか?」「ヒクソンと戦ったらどうなるか?」 (こんなん作った奴も)みたいな話題が沸騰。


で、そのうち「キンボの仲間達が実際に賞金次第ではMMAファイターと戦ってもいいと言っている」みたいな話がでてきて、たいていこーゆーのはガセなんだけど今回はそうじゃなくて・・・・・・

この文章を読まずにキンボ・スライスを見よう論じようというのはお笑いマンガ道場を見ずに川島なお美を論じようというようなものだ

ランペイジ

ランペイジのPRIDE離脱   の噂に関して http://d.hatena.ne.jp/gryphon/20050702#p1

ランペイジの過去と未来・後編  http://d.hatena.ne.jp/gryphon/20050703#p1

ランペイジ論・完結編  http://d.hatena.ne.jp/gryphon/20050705#p1

■クイントン・ランペイジ・ジャクソン「ホームレスと宣伝されたのは恥ずかしかった」(GONKAKU
http://d.hatena.ne.jp/gryphon/20070925#p1


これは読まなくても正直問題ない(笑)が・・・ランペイジが生来の頭のよさ、表現力を持ちつつ、反逆性というかヒネクレた感性というか、要は「問題児」の素質をたっぷり持っているということ。「キリスト教信仰に目覚めた」という報道はどうなったのか(笑)。付け焼刃で元に戻ったのか、信仰を持ちつつも問題行動は変わらないのか。