INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています 

DEEP大阪大会は、無名の飢えた若手が出てくる前半が面白かった(+けさ固め)

まず大阪大会であれだけの集客を成し遂げたことにびっくり。外国人も呼んでなさげだし、こりゃガッポリ儲けたなDEEP。
それはともかく、正直池本誠知vs白井祐矢とか、見ればそれなりに楽しかったけど個人的にはあまり集中力が続かなかった。日付が変わっているんでブログ書き始めてるし(笑)。で、逆に最初に放送された前座の若手が楽しかったんだ。
長島自演乙ばりのストレートを打ち込む日本拳法使い!!
テコンドー?の回転キックをぶんまわすパンクラス稲垣組の鉄砲玉!!
吉田道場なのに「ラグビー最強」を証明するために戦う”謙吾二世”!!

彼らの名前を、覚えておけ・・・とは言わない。
このまま勝ち進めば自ずから、覚えるようになるからだ。そうならないのなら、覚える必要ない。

それぞれ、試合はすごく面白かったですよ。とくに謙吾二世は、実際えらく強く、大舞台でも活躍できそうな感じ。だが、いくら期待できてもSRSには(吉田道場だから)上がれないわけで、なんか理不尽ですなぁ。

誠悟袈裟固めについて

誠悟という、柔道でもかなりの実績を残した格闘家がいることは少しずつ有名になってきました。この前のメガトン・タイトルマッチは破れたものの大名勝負でしたし。
で、この選手の得意技が腰技で投げて、そのままけさ固めに捉えて絞めるなり腕を極めて?勝つというパターン。
個人的に、練習のスパー時に自分がこれで勝つことが多かった(というか勝つにはこれしかできなかった)ので、えこひいきでこれを使う選手には甘い。MMAでけさ固めで勝つ人をケサラーと呼び、それが入れるケサラークラブというのがある。
藤田和之高橋義生吉田秀彦、唯我などが入っている。コールマンも勝ったことあったかも。
その中でも誠悟は、このパターンで勝つのが実に多く、個性と結びついているという点ではナンバーワン。
今回も見て得した。殴り合いでは完璧に打ち負けているのに、投げとけさ固めだけで逆転勝ち(笑)。谷津嘉章がプロレスの入場料は「デカくて千円!」だという名言を残したけど、今回のDEEPは「けさ固めで500円! 謙吾二世の、入場時のラグビー踊り(オールブラックスのあれ)で200円!」 とかの感じでした。テレビ観戦だけど。
そういえば今回の袈裟固めは、タップの前にキャッチが入っていた。
この前の「ネルソンでキャッチは入るか?」に団体は違えどちょっと関係している気もするので、あとで。