INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています 

「唯我」とリアルプロレスと袈裟固めと

http://www.smackgirl.com/news.htm
18日に新カードが発表された。

2006/11/18
11.29後楽園 無差別級トーナメント開催決定!!



下記の通り、11.29後楽園大会の追加カード2試合と、無差別級トーナメント1回戦2試合が決定しましたので、お知らせします。

■追加発表予定対戦カード:

□SGS公式ルール -54kg契約 5分2R
 高林恭子(ALIVE) VS YOKO(総合格闘技道場コブラ会)

ライト級期待の高林が6月、9月に続き連続参戦。中京女子出身のレスリング力に加えて、スマックルールでの戦い方も着実に身に付け、ノンストップのアグレッシブファイトを今回も見せるか? 対するは4月大阪大会以来の出場となるYOKO。こちらは柔術をベースとしており、両選手によるグラウンドの攻防に期待の一戦!


□SGS公式ルール フライ級 5分2R
 玉田育子(AACC) VS 関友紀子(巴組)

スマックガールグラップリングトーナメント優勝など組技に定評のある玉田と、キックボクシング、女子ボクシングなどにも積極的に参戦するストライカーの関が激突! 混迷を極めるフライ級のキーとなる両選手によるサバイバルマッチ!


□スーパーギャルズミックス杯 無差別級トーナメント一回戦
 SGS公式ルール 無差別級 5分2R
 唯我(プロレスリングガロガ) VS 美花(RANGER品川GYM)

□スーパーギャルズミックス杯 無差別級トーナメント一回戦
 SGS公式ルール 無差別級 5分2R
 村上リエ(DRAGON GYM) VS HIROKO(巴組)

◇スーパーギャルズミックス杯 無差別級トーナメント開催概要

無差別級の新鋭選手6選手(シード選手2選手)によるトーナメント戦。

外国人天国であるこの階級に風穴をあける新しい力を送り出す意味を込めて開催し、優勝選手には無差別級女王タイトルへの次々期挑戦権が与えられます。

※なお、無差別級女王次期タイトルマッチは2007年5月大会にて高橋洋子(巴組)を挑戦者に迎えての実施が内定しております。

◆日程 一回戦 2006年11月29日(水) 後楽園ホール
    準決勝 2007年3月11日(日/夜) 新宿FACE
    決勝戦 2007年5月19日(土/夜) 新宿FACE

◆トーナメントエントリー選手
唯我(プロレスリングガロガ)
美花(RANGER品川GYM) 
村上リエ(DRAGON GYM)
HIROKO(巴組)
たま☆ちゃん(巴組)※シード選手
X ※シード選手


■発表済み予定対戦カード:
□SGS公式ルール フライ級 5分2R
 瀧本美咲(空手道禅道会) VS リサ・ワード(米国/United Fight Team)

□SGS特別ルール フライ級 5分2R
 大室奈緒子(和術慧舟會東京本部) VS 吉田正子(フリー)

□SGS公式ルール -53kg契約 5分2R
 市井 舞(伊藤道場) VS 藤野恵実(和術慧舟會GODS)

□SGS公式ルール ミドル級 5分2R
 端 貴代(和術慧舟會東京本部) VS 森藤美樹(T-BLOOD)
※出場選手は、怪我等の理由により変更になる場合がございます。 あらかじめご了承ください。


■大会名称:SMACKGIRL2006〜極女伝説〜
■開催日時:2006年11月29日(水) 18:00開場 18:30開始予定
■開催場所:後楽園ホール(東京都文京区)
■主催/お問合せ:(株)キルゴア/スマックガール実行委員会(Tel : 03-3331-7426)

■チケット料金:SRS指定席 10,000円/RS指定席 7,000円/A席 5,000円/B席 3,000円 ※当日券 各500円増

■チケット発売所:チケットぴあ 0570-02-9999[Pコード 594-760]
           後楽園ホール 03-5800-9999
           フィットネスショップ水道橋店 03-3265-4646
           東京イサミ 03-3352-4083
           秋葉原BACKDROP 03-3255-8701
           書泉ブックマート 03-3294-0011
           LUTADOR FIGHT 03-3382-3205
           レッスル池袋 03-3989-0056
           UPPER LIFE 03-3530-3315
           boutreview

※上記販売所にて絶賛発売中


目を引くのが、ちょっと懐かしい「唯我」。記録を見ると約一年半ぶりのスマック復帰となる。

http://www.smackgirl.com/result_yuiga.htm

戦績は2勝3敗と黒星先行だが、それでもジョシカク内ではなかなかの「リアルプロレスラー」ぶりを発揮している、といえるのではないか。
この選手の印象が深いのは、仏教哲学なのかはたまた日常語として、必ずしもいい意味で使われない「唯我独尊」からとったのか判然としないリングネームもさることながら、実際に会場で見た2戦目のインパクトですね。


2003.05.07 「SMACK GIRL 〜Third Season−III」 SGS公式ルール
○ 1R4分27秒/袈裟固め vs.玉井敬子(SOD女子格闘技道場)


袈裟固めとはこんな感じの技
http://www.kisarazu.ac.jp/~st-div/sports2002/m_kojin/vw_11.html


実は自分も、袈裟固めから寝技の展開を組み立てるケサラーなんですよ。
毒ガス怪獣じゃないよ、あれはケムラー
あ、今気付いたけどあれは煙いからケムラーか。安易すぎ。

うむ、話がそれたな。


ここで初めて明かすが、自分のサブミッションのルーツは、実はセンセイ・アソーのテクニックにあるんだ(ジョシュ調)。麻生というと今や一般世間やインターネットでは(゜⊿゜)http://www.geocities.jp/floppy_aso/のことであるが、
ひところは麻生といえば今月のゴン格にも登場する、麻生秀孝氏のことでありました(ないない、どういう判断基準だよ)


自分がどのように関節技の体系を見に付けて?いったかはいろんな波乱万丈のプロレス、いやプロセスがあるのだが、これは今度、「ゴン格グラップル」の取材が来たときにでも(笑)。いや、半分冗談で擬似インタビューみたいにしてやると面白いかもしれない。

ちなみに、その一部がここにある。
http://d.hatena.ne.jp/gryphon/searchdiary?word=%a5%d7%a5%ed%a5%ec%a5%b9%a4%b4%a4%c3%a4%b3


麻生秀孝さんの話に戻る。彼は

などの本を書いているが、「はまぞう」には載っていないけど「大百科」で知られるケイブンシャから、「関節技大百科」みたいな本を出していて、ここに袈裟固めから展開するサブミッションがいくつか紹介されていたのだ。

ま、当然ながら体勢上、マウントや横四方よりバリエーションは少ないのは当然だが、やはり慣れ親しんだものしか実際には使えない。そのため、自分としては袈裟固めからの展開を身につけることは急務だった。



その中で、自分が一番好きな技として身に着けたのが、袈裟固めから相手の腕の逆を、足で極める技。
これは柔道の中でも合法なので、試合の中でも使うことができた。(もちろん、めっちゃレベルが低いところでの話なのでそこは織り込み済みで)



これが、プロの総合の試合でも出たことがある。
連続写真などがあるのでご覧いただこう。
http://www.susumug.com/jp/photo_window_event.php?photo_num=15&bout_id=1526&event_id=199


http://sportsnavi.yahoo.co.jp/fight/other/live/200507/10/a09.html


ただ、こんな姑息に関節技に移行する必要もないので、本当の「リアルケサラー」は袈裟固めだけで相手をタップさせてしまうことができる。

記憶している方もいるだろう、藤田和之の総合デビュー戦、対ハンス・ナイマン。
1R 2分48秒 袈裟固め PRIDE GP2000開幕戦 東京ドーム 2000.01.30
http://www.prideofficial.com/free/fighters/details/1090472986.html
袈裟固めだけで勝つ選手はパワーも凄いのだろうけど、これでも立派なテクニックがあるのだろう。
そんなリアルケサラーの凄さを、今回のスマックで観られるか。


【おまけ】直接、上の話とは関係ないのですが関節技で有益な情報を得たのでメモ。
http://d.hatena.ne.jp/kimuyasu/20061121#p2

現在の主力であろう腕絡み系は
取りづらかったら自分の額で
押しやるのが吉ですよ

なるほど!自分も腕がらみは体勢にまでは入れるのだが、最後の一押しで相手に抵抗されて失敗することが多かった。
これを知っていたら、もっとスパーとかの戦績は良かったかもなあ。