INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています 

DREAMvs戦極・対抗戦全体をもう一度総括しよう(プロローグ)

※旧題は「”悪魔の巣窟・土浦日大”を証明?小見川道大高谷裕之を完全KO。米国再進出は?」でしたが、内容変更により題名も改めました。

「青木祭り」の陰に隠れてしまった感じもあるが、そもそもDREAM対戦極の対抗戦は実に面白かったですね。終わってみればマッチメークは概してすばらしかった。
自分は基本的に勝敗予想は事前に書いてなかったけど、
勝敗の部分で、マッチメークの時点で圧倒的に最初から差があるよ、的な感じに見えたのは


藤田和之vsアリスター・オーフレイム
三崎和雄vsメルビン・マヌーフ
マルロン・サンドロvs所英男


でした。結果的に所サンドロは流れてしまい、これが実は戦極vsDREAMの通算結果を左右した痛恨の1試合に(笑)。いやほんと、戦極A級戦犯はサンドロですぜ。
いやまあこれは結果論であって、代役キム・ジョンマンも「大晦日じゃなかったら出場しなかったね」という出稼ぎ根性丸出しのコメントは残しつつ健闘したし、所はひょっとしたら奇抜な足関でサンドロから一本取ったかもしれない。三崎vsマヌーフの三崎不利というのも、結果はともかくマヌーフを常に過大評価する傾向のある小生の偏見で、実力はもっと拮抗していたのかもしれない。


逆に
「うーん、こりゃ勝敗わからんね。なんともいいマッチメークじゃないか」と思ったのは
泉浩vs柴田勝頼
郷野聡寛vs桜井”マッハ”速人
横田一則vs川尻達也
そして
小見川道大vs高谷裕之
でありました。(青木真也vs廣田瑞人、金原vs山本KID徳郁とかはその中間に位置する)


さて、いい試合を見せた小見川だけど、ここまで書いたらオープニングが長すぎるわ(笑)彼らの試合にフォーカスするのはまた別の機会に。
とりあえずの教訓は「土浦日大とその付属高校(とくに柔道部)を公安は監視対象にするべきだ」と。