INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています 

またも勝ったか海外メディア、またも負けたか国内専門誌。

とまぁ、挑発的な見出しを書いたが、これほどの大問題、なかなか確定情報が無いと書きにくい、というのも分かっている。
しかし分かった上で、やはり今回も海外情報が先行したなぁ・・・と。
以前、あるカードの噂で、既存メディアから「海外情報にありがちな間違いだ」という主張があったが、今回もまたまた「海外情報にありがちな正解だ」だったわけで。そのカードの噂にしても「見方が違うときは、実績があるほうを信用するよ」といわれても仕方ない。
蝶野正洋風にいえば
「海外メディアだけ見てりゃいいんだ、エーーーーーーーーッ!!」
って感じである(もっとも、英語キライ(笑))

そして、関係者がやむにやまれぬ事実関係として断片的に出したブログ情報をつなげていく手法を取った、そういうところも今回、既存メディアにはほぼ勝利かな。だってまだ、4大格闘技ネットメディア(MMAPLANETは海外専門だから除外)にも「戦極に異変」って話は出てないもんなあ。


でも、そんな中で東京スポーツだけは独走、既存メディア中の既存メディアが、今回はブロガーも海外も引き離す独走を見せた。
関係記者に脱帽。
そして専門記者は、おそらく今はかけないことも多かろうから、公式発表後に「ここだけの秘話」を披露してわれわれを驚かせてください。
スクープすっぱ抜き記事というのも大事だが、ある程度現在進行の時は取材だけ進めておき、その後に精緻なインサイド・ドキュメントをあらわすというやり方もある。構造上、彼らは政治部記者などに近いだろうから

ミルホンネットは発売された

http://miruhon.net/index.php?main_page=product_info&products_id=414

別冊ミルホンネット 戦極両国 11・7北岡サンチアゴ陥落 徹底検証DREAM合体
【大晦日の行方と合併交渉の推移を徹底検証】どこよりも詳細に、合体の真相核心へと迫る。谷川貞治FEG社長とドン・キホーテ安田隆夫会長は何を合意したのか? そして大晦日はどうなる? 格闘技界激震のニュースを海外状勢も絡めてあらゆる観点から分析! さらには『戦極〜第十一陣〜』完全版ドキュメント収録。これが戦極の終焉なのか!?

未読っす。これから