INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています/※場合により、語る対象の「ネタバレ」も在ります。ご了承ください 

失脚した國保尊弘氏が2誌に登場し語る。基本は建前。悪口無しだが…

國保氏が登場したインタビューは、基本は本音を言わず、これまでも出ていた経緯の、時系列をたんたんと整理するようなものでしたよYorkさん( http://ameblo.jp/mmaagent )

國保失脚の流れ(彼の視点から)

■10月冒頭(9月末かも)
谷川氏と國保氏が会談。今年の大晦日はお互い別々にがんばろう、という話をした
■11月7日前後
さいたまに吉田vs石井戦を、の声が高まる
■11月10日
國保氏、辞任を表明。各種の引継ぎを開始
■11月17日
正式な「辞任書」を提出
■11月25日
WVRが役員会で國保「解任」を決定。26日にメディアにリリースされた

その他、國保氏のコメント

・國保(J-ROCK)は戦極で公式サイト、選手交渉などを担当していた。
・なぜ「解任」となったのかは自分でもわからない。だがこれに納得するしないではない。そもそも重要視していない
・吉田道場の選手は戦極で「逆えこひいき」をされていたと思う(判定、マッチメークともに逆に厳しくなった、との意味)
・「スーパーハルクをやっているDREAMとは違う」などの発言はみなで話して決めた「会社の総意」だった
戦極の合体リリース「大人気なので会場を変更する」というのは、私は知らない。無関係
・地上波はかなり煮詰まっていた状態だった。
・「J-ROCK主催興行をやる予定は無い」「来年のことは来年考える」(※これは2誌でニュアンス違う。ゴン格は「新団体旗揚げの噂もあるが」という聞き方をしている) 
戦極テレビ東京番組は3月まで契約がある

集団としての吉田道場が「はぐれ軍団」に?(kamipro

わたしはそういう意識、視点はなかったので新鮮だった。吉田秀彦の今回の合体に関する「毒」発言も、スター選手ならこれぐらいの不満をいうだろう、と受け止めてきたし、小見川道大のような今年実績を積んだタレントにはそれはそれとして、というオファーがあるかと思ってきた。
だが、吉田道場がそういう形でフェードアウトしていくとして、その怨念を吉田が大晦日に背負うとしたら面白い話だ。小見川道大vs高谷裕之も、カードそのものが面白いがさらに楽しくなる。

やっぱりその前に辞表を出した役員をわざわざ後で「解任」するのは只事ではない。ドンキは子会社のこのスキャンダルを、株主総会で説明せよ

でしょ?日本の企業では特にあり得ない。逆はありますよ、事実上の解任を「自分から辞職した」というのは。その逆って、本当に何なんだろう・・・プレスリリースでは「解任に相当する事由があったと認められる」だったが説明になってないよな。
記者会見で「もう少し詳しく説明してくれ」とだれか聞かないのか・・・ってもう、WVRが独自に記者会見はしてないよな。
そこで一部上場企業の、株主に対する説明責任ですよ。
次回のドンキの株主総会はいつだっ。ああ来年か。でも俺には同社の株が無いのでありました
_| ̄|○