INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています/※場合により、語る対象の「ネタバレ」も在ります。ご了承ください 

日刊ゲンダイ「結婚詐欺事件、女も悪いが男がツクヅクバカだ」・・・<被害者にも落ち度>論の資料

http://news.livedoor.com/article/detail/4427916/

“結婚サギ毒婦事件”女も悪いが男がツクヅク バカだ

2009年11月02日10時00分 / 提供:ゲンダイネット
ゲンダイネット

●異性に飢えている男と女に警告

 関係した男性6人が相次いで怪死した結婚詐欺事件は、・・・・・・“セレブ生活”に明け暮れる一方、裏ではこっそり、睡眠薬や七輪、練炭を入手していたというからゾッとする。

 おまけに結婚仲介サイトでは複数の偽名を使い、数十人と連絡を取っていた。被害男性はまだ出てくる可能性がある。

「とにかく、この女の口八丁手八丁には驚かされます。車内で遺体で発見された東京の大出嘉之さん(当時41)や、長野、静岡の40〜50代の男性には『私は大学院生です。学費未納で卒業できない』『卒業したらあなたに尽くします』などとデタラメを言い、現金をだまし取っていました。また、ブログには『小学生の時に最愛の祖父を亡くした。高齢者を見るとお世話をしたいという衝動に駆られる』と書き、年寄りの気を引こうとしていたフシもある。カネづるになると見るや『豪華なホテルに連れて行って』と色仕掛けまでしていました」(捜査事情通)

 そういえば、昨年は70歳の老女が42歳と偽り、婚約者の男性(49)から500万円をだまし取って実刑を食らう事件があったが、ダマされる男も男じゃないのか

「被害者は気の毒ですが40代以上の分別ある男性たちが、なぜあんな女に引っかかってしまうのか。そもそも、ネットで結婚相手を探すことにも違和感を覚える。どこまで相手の素性を知っていたのか。百万、一千万単位の大金をポンと渡してしまう感覚も理解ができません」(捜査関係者)

(略)
 最近の婚活ブームで結婚詐欺は急増している。「結婚サイトだ」「出会い系だ」と異性に飢えた男女は“明日はわが身”と思った方がいい。

日刊ゲンダイ2009年10月30日掲載)


長々と引用したのは、別に事件そのものに興味あるからではない(このニュースも最低限しか見てないや)。
上の記事のような言論は「犯罪の被害者を貶める”セカンド結婚詐欺”」・・・という呼称でいいのかな?そう指弾されるべきなのか、確かに犯罪者を処罰し、批判することとは別に、その被害にあった原因として被害者の挙動、行為をも批判対象にするのも許容範囲だ、とうことになるのか。もとより日刊ゲンダイは低俗をある意味自称する夕刊イエローペーパー、これも同様にけしからんということで片付くのかもれないが、一応記録として残しておいた。


はてなキーワードセカンドレイプ」と、そこから派生するエントリも参照のこと
http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%BB%A5%AB%A5%F3%A5%C9%A5%EC%A5%A4%A5%D7