INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています 

ドン・キホーテの業績好調。戦極も修斗も、みんなまとめてめんどう見るヨ

NHBニュース(http://blog.livedoor.jp/nhbnews/)より

2009年08月11日

【★その他★】 ドン・キホーテが業績好調で決算予想を上方修正。 < LOL
http://news.finance.yahoo.co.jp/detail/20090811-15403084-scnf-stocks
プレスリリース:通期業績予想の修正及び期末配当予想の修正(増配)に関するお知らせ
http://db.donki.com/management/pdf/news/ja/50133_090811.pdf

戦極の有力選手獲得の背景には本業が好調であることも影響しているようです。


この前「同社の株主総会は9月。会社の動向を見張ってくれ」とブログで呼びかけたが、それと関係あるのかないのかこういう投稿をいただいたのは非常にうれしい。こういう形で目配りしてないと、格闘技界の動きなんて分からないし、楽しめない。


ドンキホーテのドン・安田氏ってあれほどの立志伝中の人物なんだから、ぼくが大嫌いなビジネス書関係のところにいけば、この人の伝記とか「ドンキホーテに学ぶ経営術」とかあるんだろうな。そういうのもあとで触れてみるかね。
以前ドンキは深夜営業の関係で「出店が迷惑だ」という住民の反対運動がさかんで、ドンキって名前をそれで初めて知った記憶がある。


しかし業績が好調だからって格闘技が問題になるかどうかはあれで、格闘技に興味ない株主の立場になれば「業績好調なのはそれはそれでいいことだが、これとこれのスポンサーを降りればもっと利益が増え、われわれへの配当に回るんじゃないか?」となるかもだ。

何度も書いたが、以前WWF(現WWE)がライバルWCWをつぶしにかかった時の切り札が、WCWを操るテッド・ターナーの会社の株主向けに広告を出して

「株主の皆様、ターナーは自分の道楽のWCWのためにこんなに支出しているんですよ!そのせいで私たちWWFは圧迫されているし、皆様株主も大損してるんです。株主総会で追及してください」


とけしかけるという戦略だった。
ただ、戦極への資金とか修斗への資金とかって、法人としてのドンキから正式に出ているのかしら。安田さんのポケットマネーかもしれん。まあ宣伝出すのはドンキからか。