INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています/※場合により、語る対象の「ネタバレ」も在ります。ご了承ください 

小林まことが「1、2の三四郎」を描いていたあの頃…自伝漫画が「マンガノゲンバ」で(3日深夜)

http://www.nhk.or.jp/genba/next/next.html

5月4日(月) 00:20-59[日曜深夜/BS2]
■5月9日(土) 00:50-01:29[金曜深夜/BShi]
読み手ノゲンバ
読み手ノゲンバ
小林まこと青春少年マガジン 1978-1983」

レビュアー:横里隆

 「1・2の三四郎」「What’s Michael?」などのヒット作で知られる小林まことさんが、1978年に漫画家デビューしてから人気マンガ家として締め切りに追われ悪戦苦闘する日々を、仲良し「三馬鹿トリオ」と呼ばれた友人たちの思い出とともに振り返った作品「青春少年マガジン 1978−1983」を取り上げる。レビュアーは書評誌編集長の横里隆さん。

年号で分かるとおり、いわゆる「1976年のアントニオ猪木」から二年後。この翌年、極真空手のウイリー・ウイリアムスとアントニオ猪木が同じ少年マガジンの扇動のもと、「異種格闘技戦」を闘う。
そこで、プロレス好きの若き漫画家小林まことが描いたものは・・・・
梶原一騎、本の中にでてくるのかしら?