INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています 

紙屋研究所で佐々木倫子「チャンネルはそのまま!」を紹介

紙屋研究所」といえばあらためyて紹介するまでもない有名漫画評サイトなのだが、
http://www1.odn.ne.jp/kamiya-ta/menu.html
ここ最近は、一応平均以上に漫画を読んでいるはずの当方も、証明すら知らないような作品が続いていたが、今回ひさびさに、書名を知っているような作品が扱われた。


■企業にとってのバカ 佐々木倫子『チャンネルはそのまま!』1巻
http://www1.odn.ne.jp/kamiya-ta/channnel-wa-sonomama.html
みごとみごとな紹介なので、付け加えることもないかしら。

北海道☆(ホシ)テレビというローカル局に、本人には知らされていないが、内々に「バカ枠」という枠で採用されたのが主人公の雪丸花子である。
(略)
……佐々木が取材した素材を料理する力はハンパない。
 テレビ局、とくにその報道現場での「慣習」や現場ルールというものは、それを紹介されるだけでも十分に面白い素材である。たとえば、第6話「噂をすればトカゲ」には事件の話題になった人の「写真」を集める話が出てくるのだが、その画像には、画像の状況によって価値のランクがあるのだという。集合写真<スナップ写真、古い<新しい、といったものだ。
 それだけ聞いてもなかなか楽しいまめ知識なのだが、佐々木はそれを使って最も価値の高い画像を集める「ゲーム」のような話にまで仕上げている。取材した素材を素材のままで終わらせず…(略)


ひとつだけ蛇足をするなら、この「バカ枠採用」は実際に文芸春秋社でその存在が確認されている。名物編集者某や、某某もそれで入ったとか入ってないとか。(といいつつ、これも伝説かも知れない)

チャンネルはそのまま! 1―HHTV北海道★テレビ (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL)

チャンネルはそのまま! 1―HHTV北海道★テレビ (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL)



ちょっとあとで別に紹介したいが、かなりの旧作を新装版発行を契機に紹介した、この書評もいい。
http://www1.odn.ne.jp/kamiya-ta/yosegeininden.html

寄席芸人伝 (1) (小学館叢書)

寄席芸人伝 (1) (小学館叢書)