INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています/※場合により、語る対象の「ネタバレ」も在ります。ご了承ください 

中トピック集。ナツラ戦極参戦、ジョシュvsアルロフ? 三島を倒すのは?

パウエル・ナツラが戦極参戦

http://www.sengoku-official.com/pc/topics/2008/08/01_212.html

・・・PRIDEが無くなり、何度か引退を考えたことがあったが、オリンピックのゴールドメダリストとしての実力を発揮していないままでは、どうしても辞めることができませんでした。いつ試合ができるかわからないまま、家族にも迷惑をかけたが、チャンスを信じてずっと練習だけを続けてきました。今年はオリンピックイヤーでもあり、私はこの戦極の大会を私自身のオリンピックだと思って、私の基礎である柔道の強さと、これまで練習をしてきた事の全てを試合にぶつけます。

その意気やよし。
もともと公式記録で結果としてはふるわなかったが、ジョシュ・バーネット戦、エメリヤーエンコ・アレキサンダー戦でははっとするような動きを見せ、アレキ戦では腕十字を決める寸前まで言っていた。
もちろん年齢や試合勘を考えると、そのパフォーマンスを見せてくれるか分からない部分もあるのだが、出てくれればやっぱり応援したくなる。同じように最初は対応できず苦しんだが、アジャストしてからは一気に爆発したユン・ドンシクのような覚醒を期待したいところだ。

三島☆ド根性ノ助「俺は65kg日本最強。だれでも挑戦して来い」

http://blog.livedoor.jp/nhbnews/ から孫引き

DEEP36 の側面
http://www.deep2001.com/blog2/?p=568

大会途中でリング上で挨拶した三島選手。

「某メジャー団体には65kgの階級は出来ないようです。だから日本の65kgはDEEPのチャンピオンが一番強い!! だから僕を倒したい人は、他団体の選手でもいいので、DEEPにあがってきてください!!」となんとも素晴らしいマイクパフォーマンスを披露!! さぁ、次なる三島選手の相手は????

というか、DREAMで結局65kgはできないのか。KID級ができるならできるでいいんだけれど、65kgも作った上で別階級のKID級ができると思っていた。DREAMと絡むなら、所英男中村大介を期待したいところだけど、そもそもKID級が巷間言われるように62kgとかなら、所や中村がもしvs三島で行こうというなら「僕は65kgが合ってます」「僕は62kgで」と、もう一回選択しなきゃいけなくなるか。

ただDEEPにも、今度初参戦する伏兵DJ.taikiがのしてくるかもしれない。こうやってみるとまだまだ見ていない、面白い対決がありそうだ。タクミなんかもまだ関わってほしいし。


また、ケージフォースの優勝者とか準優勝者とかも、ここに関わってほしい。「慧舟會とDEEPはガチで仲が悪い」の流れを受けて(笑)

そのケージフォースは次回、いよいよフェザー、バンタムの準決勝だが…

http://blog.livedoor.jp/suck_me_disco/archives/51352994.html
これは行きたい好カードぞろい。

ところで両階級の準決勝進出者計8人のうち、所英男は何と3人に勝っている。(一勝一敗とかも含め)
ペケーニョ戦の勝利でぐんと「飛び級」したというイメージの強い所だが、実は着実にランキングを上げている。

僕はそういうのをつくるのに興味と技術が無いが、試みに全団体、イメージで65−62?kgぐらいのランキングを作ると上位に入るのでは。

アフリクション第二弾、目玉はジョシュvsアルロフスキーか

http://sadironman.seesaa.net/article/104074677.html

…匿名を条件にFive Ounces Of Painに話してくれた信頼できる情報筋によると、エメリヤーエンコは手を負傷しており、ラスべガスのトーマス&マックセンターで開催される Afflictionの10月の大会に準備が間に合わない状態であることを明らかにしました。

 アルロフスキーはカードに残ります。そして、大会主催者は新たなメインイベントとしてアルロフスキー vs.ジョシュ・バーネットの実現に向けて動いていると言われています。


うーむ。ヒョードルにしてもアルロにしてもいつかはジョシュと闘う相手ではあるが、もう少々時間を置き、ジョシュの米国人気の再構築と「やっぱりヒョードル強えなあ」が完全浸透の後にやってほしかった。
とりあえず実現したら、PRIDE崩壊、戦極参戦後の相手の中でも桁が違う強敵だ。これを倒したら次は(クートア裁判が長引くか負けたら)ヒョードルになってしまう。
ただ、まだPRIDE−UFCがPRIDE優勢か互角(要はTUF以前)のころ、「UFCは底の浅いプール」という話があったときのメインキャストの一人がアルロフスキー。その世代のへビー級のお手並みはやはり拝見したい。