INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています/※場合により、語る対象の「ネタバレ」も在ります。ご了承ください 

PRIDE-34、自分の予想を遥かに上回る。だがあの映像は・・・?ジョシュ・・・

それはそれは、凄い興行になったなあと思います。
あの、サプライズの話も、昨日付でぼかして書いた話は半分だか三分の一(桜庭和志が来たこと)は話の通りだったが、もう半分(田村潔司も登場)は聞いて無かったし、なんか後で報道されたようにK-1が合意の上でレンタルしていたとは全然聞かなかった。


それはいい、けど、試合の凄さや興行の出来のよさ、そしてサプライズはみんなが語るだろうから任せて、あの話を。

「UFCvsPRIDE」をテーマにしたジェフ・モンソンvs藤田和之で、記者会見の場でダナ・ホワイトが述べた「各階級の最強を決めようじゃないか」という台詞に、選手の映像をフィーチャーしている。
エメリヤーエンコ・ヒョードルvsランディ・クートア」「チャック・リデルvsマウリシオ・ショーグン」とか。


ただ・・・・ダナは会見の既報にもあるように、「ジョシュ・バーネットvsアンドレイ・アルロフスキー」もはっきり言っている。音声にもその台詞は入っている。
しかし、映像製作者は敢えて、意図的に(しいて言えば王者だけを選んだ、といえるかもしれないが)ジョシュvsアルロフスキーという言葉には、選手の映像を被せなかった。



いや、そんなことより。
今回、最後には榊原信行社長の花道として、リングに試合の無い選手も多数上がった。
日本人選手はいいし、チームメイトが出場するジムの選手はセコンドで来ているだろうからそれもいい。
ただ、ヴァンダレイ・シウバマウリシオ・ショーグンマーク・コールマンケビン・ランデルマンはわざわざ来たんだよね、たぶん。
どー考えても、ジョシュは普通にランク付けするなら飛行機代を払ってもそこに呼びたい選手だったろうし、またあの人だったら喜んでくるでしょ、ついでの用事もいろいろあるだろうし(笑)。
そこで、ジョシュが来てない。

例の「PRIDEはUFCジャパンになってしまう」という批判コメントが伝わっていることを思うと、不安です、正直。

どなたかの情報を待ちます。