INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています 

さてどうする「勝ったらUFC復帰が確実のミルコ」…貴方にとって敵か?味方か?

kamipro買うた。

kamipro No.120 (エンターブレインムック)

kamipro No.120 (エンターブレインムック)

まだ半分程度しか目を通してないが、「マガジンインタビューで 代理人と一緒に お話する男」、略してマダオことミルコ・クロコップ(最近無理が出てきた)と今井賢一代理人の語るところによれば、

UFCとの契約は3試合残っている」
UFCに戻る時はもう一度条件を交渉」
アメリカに戻る時はUFCに戻る」
(将来、UFC復帰を前提とし、自由契約になってもアメリカではUFC以外には挙がらない)

契約に関しては実は今井氏「守秘義務もあることなので全ては話せない」とのことだったが、遠くクロアチアのメディアからの話がこっちにも流れてきた。雑誌以上に詳しいといえば詳しい。
http://sadironman.seesaa.net/article/85558747.html

質問:UFCとの契約はどうなっていますか?

ミルコ:契約に拘束力はありませんが、私は間違いなくUFCに戻ってきます。復帰の日付はヒョードルとの対戦が実現するかどうかに委ねられます。ヒョードルが受託してくれれば対戦は12月31日に実現します。実現できなかった場合は、私は今年の年末までにUFCに戻ります。

これを受けて言いたいことは、
http://d.hatena.ne.jp/gryphon/20080217#p2
「■ミルコ「私はUFCにまた戻る」=それって「DREAM戦士がミルコ銀行に預金」ってことでは?」


で全て述べている。今回はほぼ確実になったということで再論しているだけですが、でも実際どういう構えでファンは見るか…いや、ファンはただ純粋に応援するという逃げ場があるが、主催者、マッチメーカーは。

再確認する。
ミルコ・クロコップはDREAMの中で勝利を重ね、商品価値が高くなったらUFCに戻っていく。
・その逆に、DREAMでも負けたらおそらくUFCはミルコを切り捨てるだろう(少なくとも前座扱いか)
ヒョードル戦はあればよし、無ければ無しでまた戻る。


こんな時に、DREAMとしては「UFCの商品価値を高め、DREAMの価値を(結果的に)落とすミルコをつぶせ!」となるべきか、「やっぱりミルコは我らのヒーロー。さあ勝ってくれ」となるべきか。これは相当の難問じゃないだろうか。
それにプラスして、ミルコのほうだって対戦相手を選んでいくだろうしな。